SDK for Ruby を使用した Kinesis の例 - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

SDK for Ruby を使用した Kinesis の例

次のコード例は、Kinesis AWS SDK for Ruby で を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

サーバーレスサンプル

次のコード例では、Kinesis ストリームからレコードを受信することによってトリガーされるイベントを受け取る、Lambda 関数の実装方法を示しています。この関数は Kinesis ペイロードを取得し、それを Base64 からデコードして、そのレコードの内容をログ記録します。

SDK for Ruby
注記

には他にもがあります GitHub。サーバーレスサンプルリポジトリで完全な例を検索し、設定および実行の方法を確認してください。

Ruby を使用した Lambda での Kinesis イベントの消費。

# Copyright Amazon.com, Inc. or its affiliates. All Rights Reserved. # SPDX-License-Identifier: Apache-2.0 require 'aws-sdk' def lambda_handler(event:, context:) event['Records'].each do |record| begin puts "Processed Kinesis Event - EventID: #{record['eventID']}" record_data = get_record_data_async(record['kinesis']) puts "Record Data: #{record_data}" # TODO: Do interesting work based on the new data rescue => err $stderr.puts "An error occurred #{err}" raise err end end puts "Successfully processed #{event['Records'].length} records." end def get_record_data_async(payload) data = Base64.decode64(payload['data']).force_encoding('UTF-8') # Placeholder for actual async work # You can use Ruby's asynchronous programming tools like async/await or fibers here. return data end

以下のコード例では、Kinesis ストリームからイベントを受け取る Lambda 関数のための、部分的なバッチレスポンスの実装方法を示しています。この関数は、レスポンスとしてバッチアイテムの失敗を報告し、対象のメッセージを後で再試行するよう Lambda に伝えます。

SDK for Ruby
注記

には他にもがあります GitHub。サーバーレスサンプルリポジトリで完全な例を検索し、設定および実行の方法を確認してください。

Ruby を使用して Lambda で Kinesis バッチアイテム失敗のレポートをします。

# Copyright Amazon.com, Inc. or its affiliates. All Rights Reserved. # SPDX-License-Identifier: Apache-2.0 require 'aws-sdk' def lambda_handler(event:, context:) batch_item_failures = [] event['Records'].each do |record| begin puts "Processed Kinesis Event - EventID: #{record['eventID']}" record_data = get_record_data_async(record['kinesis']) puts "Record Data: #{record_data}" # TODO: Do interesting work based on the new data rescue StandardError => err puts "An error occurred #{err}" # Since we are working with streams, we can return the failed item immediately. # Lambda will immediately begin to retry processing from this failed item onwards. return { batchItemFailures: [{ itemIdentifier: record['kinesis']['sequenceNumber'] }] } end end puts "Successfully processed #{event['Records'].length} records." { batchItemFailures: batch_item_failures } end def get_record_data_async(payload) data = Base64.decode64(payload['data']).force_encoding('utf-8') # Placeholder for actual async work sleep(1) data end