SDK for Ruby を使用した Amazon WorkDocs の例 - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

SDK for Ruby を使用した Amazon WorkDocs の例

次のコード例は、Amazon AWS SDK for Ruby で を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています WorkDocs。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

トピック

アクション

次の例は、DescribeRootFolders を使用する方法を説明しています。

SDK for Ruby
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

# Retrieves the root folder for a user by email # @param users [Array<Types::User>] A list of users selected from API response # @param user_email [String] The email of the user. def get_user_folder(users, user_email) user = users.find { |user| user.email_address == user_email } if user user.root_folder_id else @logger.error "Could not get root folder for user with email address #{user_email}" exit(1) end end # Describes the contents of a folder # @param [String] folder_id - The Id of the folder to describe. def describe_folder_contents(folder_id) resp = @client.describe_folder_contents({ folder_id: folder_id, # required sort: "NAME", # accepts DATE, NAME order: "ASCENDING", # accepts ASCENDING, DESCENDING }) resp.documents.each do |doc| md = doc.latest_version_metadata @logger.info "Name: #{md.name}" @logger.info "Size (bytes): #{md.size}" @logger.info "Last modified: #{doc.modified_timestamp}" @logger.info "Doc ID: #{doc.id}" @logger.info "Version ID: #{md.id}" @logger.info "" end rescue Aws::WorkDocs::Errors::ServiceError => e @logger.error "Error listing folder contents: #{e.message}" exit(1) end
  • API の詳細については、「 API リファレンスDescribeRootFolders」の「」を参照してください。 AWS SDK for Ruby

次の例は、DescribeUsers を使用する方法を説明しています。

SDK for Ruby
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

# Describes users within an organization # @param [String] org_id: The ID of the org. def describe_users(org_id) resp = @client.describe_users({ organization_id: org_id, include: "ALL", # accepts ALL, ACTIVE_PENDING order: "ASCENDING", # accepts ASCENDING, DESCENDING sort: "USER_NAME", # accepts USER_NAME, FULL_NAME, STORAGE_LIMIT, USER_STATUS, STORAGE_USED }) resp.users.each do |user| @logger.info "First name: #{user.given_name}" @logger.info "Last name: #{user.surname}" @logger.info "Email: #{user.email_address}" @logger.info "Root folder: #{user.root_folder_id}" @logger.info "" end resp.users rescue Aws::WorkDocs::Errors::ServiceError => e @logger.error "AWS WorkDocs Service Error: #{e.message}" exit(1) end
  • API の詳細については、「 API リファレンスDescribeUsers」の「」を参照してください。 AWS SDK for Ruby