AWS KMS SDK for Rust を使用した の例 - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS KMS SDK for Rust を使用した の例

次のコード例は、 で AWS SDK for Rust を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています AWS KMS。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

トピック

アクション

次の例は、CreateKey を使用する方法を説明しています。

SDK for Rust
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

async fn make_key(client: &Client) -> Result<(), Error> { let resp = client.create_key().send().await?; let id = resp.key_metadata.as_ref().unwrap().key_id(); println!("Key: {}", id); Ok(()) }
  • API の詳細については、CreateKeyAWS 「 SDK for Rust API リファレンス」の「」を参照してください。

次の例は、Decrypt を使用する方法を説明しています。

SDK for Rust
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

async fn decrypt_key(client: &Client, key: &str, filename: &str) -> Result<(), Error> { // Open input text file and get contents as a string // input is a base-64 encoded string, so decode it: let data = fs::read_to_string(filename) .map(|input| { base64::decode(input).expect("Input file does not contain valid base 64 characters.") }) .map(Blob::new); let resp = client .decrypt() .key_id(key) .ciphertext_blob(data.unwrap()) .send() .await?; let inner = resp.plaintext.unwrap(); let bytes = inner.as_ref(); let s = String::from_utf8(bytes.to_vec()).expect("Could not convert to UTF-8"); println!(); println!("Decoded string:"); println!("{}", s); Ok(()) }
  • API の詳細については、AWS SDK for Rust API リファレンスの「Decrypt」を参照してください。

次の例は、Encrypt を使用する方法を説明しています。

SDK for Rust
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

async fn encrypt_string( verbose: bool, client: &Client, text: &str, key: &str, out_file: &str, ) -> Result<(), Error> { let blob = Blob::new(text.as_bytes()); let resp = client.encrypt().key_id(key).plaintext(blob).send().await?; // Did we get an encrypted blob? let blob = resp.ciphertext_blob.expect("Could not get encrypted text"); let bytes = blob.as_ref(); let s = base64::encode(bytes); let mut ofile = File::create(out_file).expect("unable to create file"); ofile.write_all(s.as_bytes()).expect("unable to write"); if verbose { println!("Wrote the following to {:?}", out_file); println!("{}", s); } Ok(()) }
  • API の詳細については、AWS SDK for Rust API リファレンスの「Encrypt」を参照してください。

次の例は、GenerateDataKey を使用する方法を説明しています。

SDK for Rust
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

async fn make_key(client: &Client, key: &str) -> Result<(), Error> { let resp = client .generate_data_key() .key_id(key) .key_spec(DataKeySpec::Aes256) .send() .await?; // Did we get an encrypted blob? let blob = resp.ciphertext_blob.expect("Could not get encrypted text"); let bytes = blob.as_ref(); let s = base64::encode(bytes); println!(); println!("Data key:"); println!("{}", s); Ok(()) }
  • API の詳細については、GenerateDataKeyAWS 「 SDK for Rust API リファレンス」の「」を参照してください。

次の例は、GenerateDataKeyWithoutPlaintext を使用する方法を説明しています。

SDK for Rust
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

async fn make_key(client: &Client, key: &str) -> Result<(), Error> { let resp = client .generate_data_key_without_plaintext() .key_id(key) .key_spec(DataKeySpec::Aes256) .send() .await?; // Did we get an encrypted blob? let blob = resp.ciphertext_blob.expect("Could not get encrypted text"); let bytes = blob.as_ref(); let s = base64::encode(bytes); println!(); println!("Data key:"); println!("{}", s); Ok(()) }

次の例は、GenerateRandom を使用する方法を説明しています。

SDK for Rust
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

async fn make_string(client: &Client, length: i32) -> Result<(), Error> { let resp = client .generate_random() .number_of_bytes(length) .send() .await?; // Did we get an encrypted blob? let blob = resp.plaintext.expect("Could not get encrypted text"); let bytes = blob.as_ref(); let s = base64::encode(bytes); println!(); println!("Data key:"); println!("{}", s); Ok(()) }
  • API の詳細については、GenerateRandomAWS 「 SDK for Rust API リファレンス」の「」を参照してください。

次の例は、ListKeys を使用する方法を説明しています。

SDK for Rust
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

async fn show_keys(client: &Client) -> Result<(), Error> { let resp = client.list_keys().send().await?; let keys = resp.keys.unwrap_or_default(); let len = keys.len(); for key in keys { println!("Key ARN: {}", key.key_arn.as_deref().unwrap_or_default()); } println!(); println!("Found {} keys", len); Ok(()) }
  • API の詳細については、ListKeysAWS 「 SDK for Rust API リファレンス」の「」を参照してください。

次の例は、ReEncrypt を使用する方法を説明しています。

SDK for Rust
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

async fn reencrypt_string( verbose: bool, client: &Client, input_file: &str, output_file: &str, first_key: &str, new_key: &str, ) -> Result<(), Error> { // Get blob from input file // Open input text file and get contents as a string // input is a base-64 encoded string, so decode it: let data = fs::read_to_string(input_file) .map(|input_file| base64::decode(input_file).expect("invalid base 64")) .map(Blob::new); let resp = client .re_encrypt() .ciphertext_blob(data.unwrap()) .source_key_id(first_key) .destination_key_id(new_key) .send() .await?; // Did we get an encrypted blob? let blob = resp.ciphertext_blob.expect("Could not get encrypted text"); let bytes = blob.as_ref(); let s = base64::encode(bytes); let o = &output_file; let mut ofile = File::create(o).expect("unable to create file"); ofile.write_all(s.as_bytes()).expect("unable to write"); if verbose { println!("Wrote the following to {}:", output_file); println!("{}", s); } else { println!("Wrote base64-encoded output to {}", output_file); } Ok(()) }
  • API の詳細については、ReEncryptAWS 「 SDK for Rust API リファレンス」の「」を参照してください。