AWS SDK を使用して、EXIF およびその他のイメージ情報を保存します - AWSSDK コードサンプル

AWSDocAWS SDKGitHub サンプルリポジトリには、さらに多くの SDK サンプルがあります

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK を使用して、EXIF およびその他のイメージ情報を保存します

次のコード例は、以下の操作方法を示しています。

  • JPG、JPEG、または PNG ファイルから EXIF 情報を取得します。

  • Amazon S3 バケットにイメージファイルをアップロードします。

  • Amazon Rekognition を使用して、ファイル内の 3 つの上位属性 (ラベル) を特定します。

  • EXIF およびラベル情報を、リージョンの Amazon DynamoDB テーブルに追加します。

Rust
SDK for Rust
注記

これはプレビューリリースの SDK に関するドキュメントです。SDK は変更される場合があり、本稼働環境では使用しないでください。

JPG、JPEG、または PNG ファイルから EXIF 情報を取得し、イメージファイルを Amazon S3 バケットにアップロードし、Amazon Rekognition を使用してファイル内の 3 つの上位属性 (Amazon Rekognition のラベル) を特定し、リージョンの Amazon DynamoDB テーブルに EXIF およびラベル情報を追加します。

完全なソースコードとセットアップおよび実行の手順については、で完全な例を参照してくださいGitHub

この例で使用されているサービス
  • DynamoDB

  • Amazon Rekognition

  • Amazon S3