AWS SDK またはコマンドラインツールGetBucketInventoryConfigurationで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールGetBucketInventoryConfigurationで を使用する

以下のコード例は、GetBucketInventoryConfiguration の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

バケットのインベントリ設定を取得するには

次の get-bucket-inventory-configuration の例では、ID 1 を持つ指定したバケットのインベントリ設定を取得します。

aws s3api get-bucket-inventory-configuration \ --bucket my-bucket \ --id 1

出力:

{ "InventoryConfiguration": { "IsEnabled": true, "Destination": { "S3BucketDestination": { "Format": "ORC", "Bucket": "arn:aws:s3:::my-bucket", "AccountId": "123456789012" } }, "IncludedObjectVersions": "Current", "Id": "1", "Schedule": { "Frequency": "Weekly" } } }
PowerShell
のツール PowerShell

例 1: このコマンドは、指定した S3 バケット内の「testinventory」という名前のインベントリの詳細を返します。

Get-S3BucketInventoryConfiguration -BucketName 's3testbucket' -InventoryId 'testinventory'
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスGetBucketInventoryConfiguration」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell