AWS SDK または CLI GetBucketWebsiteで を使用する - AWS SDK コードの例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK または CLI GetBucketWebsiteで を使用する

以下のコード例は、GetBucketWebsite の使用方法を示しています。

.NET
AWS SDK for .NET
注記

については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

// Get the website configuration. GetBucketWebsiteRequest getRequest = new GetBucketWebsiteRequest() { BucketName = bucketName, }; GetBucketWebsiteResponse getResponse = await client.GetBucketWebsiteAsync(getRequest); Console.WriteLine($"Index document: {getResponse.WebsiteConfiguration.IndexDocumentSuffix}"); Console.WriteLine($"Error document: {getResponse.WebsiteConfiguration.ErrorDocument}");
  • API の詳細については、「 API リファレンスGetBucketWebsite」の「」を参照してください。 AWS SDK for .NET

C++
SDK for C++
注記

については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

bool AwsDoc::S3::GetWebsiteConfig(const Aws::String &bucketName, const Aws::Client::ClientConfiguration &clientConfig) { Aws::S3::S3Client s3_client(clientConfig); Aws::S3::Model::GetBucketWebsiteRequest request; request.SetBucket(bucketName); Aws::S3::Model::GetBucketWebsiteOutcome outcome = s3_client.GetBucketWebsite(request); if (!outcome.IsSuccess()) { const Aws::S3::S3Error &err = outcome.GetError(); std::cerr << "Error: GetBucketWebsite: " << err.GetMessage() << std::endl; } else { Aws::S3::Model::GetBucketWebsiteResult websiteResult = outcome.GetResult(); std::cout << "Success: GetBucketWebsite: " << std::endl << std::endl << "For bucket '" << bucketName << "':" << std::endl << "Index page : " << websiteResult.GetIndexDocument().GetSuffix() << std::endl << "Error page: " << websiteResult.GetErrorDocument().GetKey() << std::endl; } return outcome.IsSuccess(); }
  • API の詳細については、「 API リファレンスGetBucketWebsite」の「」を参照してください。 AWS SDK for C++

CLI
AWS CLI

次のコマンドは、my-bucket という名前のバケットの静的ウェブサイト設定を取得します。

aws s3api get-bucket-website --bucket my-bucket

出力:

{ "IndexDocument": { "Suffix": "index.html" }, "ErrorDocument": { "Key": "error.html" } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetBucketWebsite」の「」を参照してください。 AWS CLI

JavaScript
SDK for JavaScript (v3)
注記

については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

ウェブサイト設定を取得します。

import { GetBucketWebsiteCommand, S3Client } from "@aws-sdk/client-s3"; const client = new S3Client({}); export const main = async () => { const command = new GetBucketWebsiteCommand({ Bucket: "test-bucket", }); try { const { ErrorDocument, IndexDocument } = await client.send(command); console.log( `Your bucket is set up to host a website. It has an error document:`, `${ErrorDocument.Key}, and an index document: ${IndexDocument.Suffix}.`, ); } catch (err) { console.error(err); } };
  • API の詳細については、「 API リファレンスGetBucketWebsite」の「」を参照してください。 AWS SDK for JavaScript

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: このコマンドは、指定した S3 バケットの静的ウェブサイトの設定の詳細を返します。

Get-S3BucketWebsite -BucketName 's3testbucket'
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスGetBucketWebsite」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell