AWS SDK または CLI HeadBucketで を使用する - AWS SDK コードの例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK または CLI HeadBucketで を使用する

以下のコード例は、HeadBucket の使用方法を示しています。

Bash
AWS CLI Bash スクリプトを使用する
注記

については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

############################################################################### # function bucket_exists # # This function checks to see if the specified bucket already exists. # # Parameters: # $1 - The name of the bucket to check. # # Returns: # 0 - If the bucket already exists. # 1 - If the bucket doesn't exist. ############################################################################### function bucket_exists() { local bucket_name bucket_name=$1 # Check whether the bucket already exists. # We suppress all output - we're interested only in the return code. if aws s3api head-bucket \ --bucket "$bucket_name" \ >/dev/null 2>&1; then return 0 # 0 in Bash script means true. else return 1 # 1 in Bash script means false. fi }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスHeadBucket」の「」を参照してください。 AWS CLI

CLI
AWS CLI

次のコマンドは、my-bucket という名前のバケットへのアクセスを確認します。

aws s3api head-bucket --bucket my-bucket

バケットが存在し、そのバケットにアクセスできる場合、出力は返されません。それ以外の場合は、エラーメッセージが表示されます。例:

A client error (404) occurred when calling the HeadBucket operation: Not Found
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスHeadBucket」の「」を参照してください。 AWS CLI

Go
SDK for Go V2
注記

については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

// BucketBasics encapsulates the Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) actions // used in the examples. // It contains S3Client, an Amazon S3 service client that is used to perform bucket // and object actions. type BucketBasics struct { S3Client *s3.Client } // BucketExists checks whether a bucket exists in the current account. func (basics BucketBasics) BucketExists(bucketName string) (bool, error) { _, err := basics.S3Client.HeadBucket(context.TODO(), &s3.HeadBucketInput{ Bucket: aws.String(bucketName), }) exists := true if err != nil { var apiError smithy.APIError if errors.As(err, &apiError) { switch apiError.(type) { case *types.NotFound: log.Printf("Bucket %v is available.\n", bucketName) exists = false err = nil default: log.Printf("Either you don't have access to bucket %v or another error occurred. "+ "Here's what happened: %v\n", bucketName, err) } } } else { log.Printf("Bucket %v exists and you already own it.", bucketName) } return exists, err }
  • API の詳細については、「 API リファレンスHeadBucket」の「」を参照してください。 AWS SDK for Go

Python
SDK for Python (Boto3)
注記

については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

class BucketWrapper: """Encapsulates S3 bucket actions.""" def __init__(self, bucket): """ :param bucket: A Boto3 Bucket resource. This is a high-level resource in Boto3 that wraps bucket actions in a class-like structure. """ self.bucket = bucket self.name = bucket.name def exists(self): """ Determine whether the bucket exists and you have access to it. :return: True when the bucket exists; otherwise, False. """ try: self.bucket.meta.client.head_bucket(Bucket=self.bucket.name) logger.info("Bucket %s exists.", self.bucket.name) exists = True except ClientError: logger.warning( "Bucket %s doesn't exist or you don't have access to it.", self.bucket.name, ) exists = False return exists
  • API の詳細については、HeadBucketAWS 「 SDK for Python (Boto3) API リファレンス」の「」を参照してください。