AWS SDK またはコマンドラインツールPutBucketReplicationで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールPutBucketReplicationで を使用する

以下のコード例は、PutBucketReplication の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

S3 バケットのレプリケーションを設定するには

次の put-bucket-replication の例では、指定した S3 バケットにレプリケーション設定を適用します。

aws s3api put-bucket-replication \ --bucket AWSDOC-EXAMPLE-BUCKET1 \ --replication-configuration file://replication.json

replication.json の内容:

{ "Role": "arn:aws:iam::123456789012:role/s3-replication-role", "Rules": [ { "Status": "Enabled", "Priority": 1, "DeleteMarkerReplication": { "Status": "Disabled" }, "Filter" : { "Prefix": ""}, "Destination": { "Bucket": "arn:aws:s3:::AWSDOC-EXAMPLE-BUCKET2" } } ] }

レプリケーション先のバケットではバージョニングが有効になっている必要があります。指定したロールは、レプリケーション先のバケットへの書き込みアクセス許可を持ち、Amazon S3 がそのロールを引き受けることを許可する信頼関係が必要です。

ロールのアクセス許可ポリシーの例:

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Action": [ "s3:GetReplicationConfiguration", "s3:ListBucket" ], "Resource": [ "arn:aws:s3:::AWSDOC-EXAMPLE-BUCKET1" ] }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "s3:GetObjectVersion", "s3:GetObjectVersionAcl", "s3:GetObjectVersionTagging" ], "Resource": [ "arn:aws:s3:::AWSDOC-EXAMPLE-BUCKET1/*" ] }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "s3:ReplicateObject", "s3:ReplicateDelete", "s3:ReplicateTags" ], "Resource": "arn:aws:s3:::AWSDOC-EXAMPLE-BUCKET2/*" } ] }

信頼関係ポリシーの例:

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Principal": { "Service": "s3.amazonaws.com" }, "Action": "sts:AssumeRole" } ] }

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「Amazon Simple Storage Service コンソールユーザーガイド」の「チュートリアル: レプリケーションの設定例」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスPutBucketReplication」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、バケット「examplebucketTaxDocs」のキー名プレフィックス「」で作成された新しいオブジェクトのレプリケーションを「exampletargetbucket」バケットに有効にする 1 つのルールを使用してレプリケーション設定を設定します。

$rule1 = New-Object Amazon.S3.Model.ReplicationRule $rule1.ID = "Rule-1" $rule1.Status = "Enabled" $rule1.Prefix = "TaxDocs" $rule1.Destination = @{ BucketArn = "arn:aws:s3:::exampletargetbucket" } $params = @{ BucketName = "examplebucket" Configuration_Role = "arn:aws:iam::35667example:role/CrossRegionReplicationRoleForS3" Configuration_Rule = $rule1 } Write-S3BucketReplication @params

例 2: この例では、キー名のプレフィックスTaxDocs「」または「」で作成された新しいオブジェクトを「exampletargetbucket」バケットにレプリケーションできるようにする複数のルールを使用してレプリケーション設定を設定しますOtherDocs。キーのプレフィックスの重複は許可されません。

$rule1 = New-Object Amazon.S3.Model.ReplicationRule $rule1.ID = "Rule-1" $rule1.Status = "Enabled" $rule1.Prefix = "TaxDocs" $rule1.Destination = @{ BucketArn = "arn:aws:s3:::exampletargetbucket" } $rule2 = New-Object Amazon.S3.Model.ReplicationRule $rule2.ID = "Rule-2" $rule2.Status = "Enabled" $rule2.Prefix = "OtherDocs" $rule2.Destination = @{ BucketArn = "arn:aws:s3:::exampletargetbucket" } $params = @{ BucketName = "examplebucket" Configuration_Role = "arn:aws:iam::35667example:role/CrossRegionReplicationRoleForS3" Configuration_Rule = $rule1,$rule2 } Write-S3BucketReplication @params

例 3: この例では、指定されたバケットのレプリケーション設定を更新して、バケット「exampletargetbucketTaxDocs」へのキー名プレフィックス「」が付いたオブジェクトのレプリケーションを制御するルールを無効にします。

$rule1 = New-Object Amazon.S3.Model.ReplicationRule $rule1.ID = "Rule-1" $rule1.Status = "Disabled" $rule1.Prefix = "TaxDocs" $rule1.Destination = @{ BucketArn = "arn:aws:s3:::exampletargetbucket" } $params = @{ BucketName = "examplebucket" Configuration_Role = "arn:aws:iam::35667example:role/CrossRegionReplicationRoleForS3" Configuration_Rule = $rule1 } Write-S3BucketReplication @params
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスPutBucketReplication」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell