AWS SDK またはコマンドラインツールGetSendStatisticsで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールGetSendStatisticsで を使用する

以下のコード例は、GetSendStatistics の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

Amazon SES 送信統計を取得するには

次の例では、 get-send-statistics コマンドを使用して Amazon SES の送信統計を返します。

aws ses get-send-statistics

出力:

{ "SendDataPoints": [ { "Complaints": 0, "Timestamp": "2013-06-12T19:32:00Z", "DeliveryAttempts": 2, "Bounces": 0, "Rejects": 0 }, { "Complaints": 0, "Timestamp": "2013-06-12T00:47:00Z", "DeliveryAttempts": 1, "Bounces": 0, "Rejects": 0 } ] }

結果は、過去 2 週間の送信アクティビティを表すデータポイントのリストです。リスト内の各データポイントには、15 分間隔の統計が含まれています。

この例では、過去 2 週間に送信した E メールは 2 つの 15 分間隔に収まるため、2 つのデータポイントしかありません。

詳細については、「Amazon Simple Email Service デベロッパーガイド」の「Amazon SES の使用統計のモニタリング」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetSendStatistics」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: このコマンドは、ユーザーの送信統計を返します。結果は、過去 2 週間の送信アクティビティを表すデータポイントのリストです。リスト内の各データポイントには、15 分間隔の統計が含まれています。

Get-SESSendStatistic
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスGetSendStatistics」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell