AWS SDK またはコマンドラインツールListIdentitiesで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールListIdentitiesで を使用する

以下のコード例は、ListIdentities の使用方法を示しています。

アクション例は、より大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。次のコード例で、このアクションのコンテキストを確認できます。

.NET
AWS SDK for .NET
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

/// <summary> /// Get the identities of a specified type for the current account. /// </summary> /// <param name="identityType">IdentityType to list.</param> /// <returns>The list of identities.</returns> public async Task<List<string>> ListIdentitiesAsync(IdentityType identityType) { var result = new List<string>(); try { var response = await _amazonSimpleEmailService.ListIdentitiesAsync( new ListIdentitiesRequest { IdentityType = identityType }); result = response.Identities; } catch (Exception ex) { Console.WriteLine("ListIdentitiesAsync failed with exception: " + ex.Message); } return result; }
  • API の詳細については、「 API リファレンスListIdentities」の「」を参照してください。 AWS SDK for .NET

C++
SDK for C++
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

//! List the identities associated with this account. /*! \param identityType: The identity type enum. "NOT_SET" is a valid option. \param identities; A vector to receive the retrieved identities. \param clientConfiguration: AWS client configuration. \return bool: Function succeeded. */ bool AwsDoc::SES::listIdentities(Aws::SES::Model::IdentityType identityType, Aws::Vector<Aws::String> &identities, const Aws::Client::ClientConfiguration &clientConfiguration) { Aws::SES::SESClient sesClient(clientConfiguration); Aws::SES::Model::ListIdentitiesRequest listIdentitiesRequest; if (identityType != Aws::SES::Model::IdentityType::NOT_SET) { listIdentitiesRequest.SetIdentityType(identityType); } Aws::String nextToken; // Used for paginated results. do { if (!nextToken.empty()) { listIdentitiesRequest.SetNextToken(nextToken); } Aws::SES::Model::ListIdentitiesOutcome outcome = sesClient.ListIdentities( listIdentitiesRequest); if (outcome.IsSuccess()) { const auto &retrievedIdentities = outcome.GetResult().GetIdentities(); if (!retrievedIdentities.empty()) { identities.insert(identities.cend(), retrievedIdentities.cbegin(), retrievedIdentities.cend()); } nextToken = outcome.GetResult().GetNextToken(); } else { std::cout << "Error listing identities. " << outcome.GetError().GetMessage() << std::endl; return false; } } while (!nextToken.empty()); return true; }
  • API の詳細については、「 API リファレンスListIdentities」の「」を参照してください。 AWS SDK for C++

CLI
AWS CLI

特定の AWS アカウントのすべての ID (E メールアドレスとドメイン) を一覧表示するには

次の例では、list-identities コマンドを使用して、Amazon SES で検証のために送信されたすべての ID を一覧表示します。

aws ses list-identities

出力:

{ "Identities": [ "user@example.com", "example.com" ] }

返されるリストには、検証ステータス (検証済み、検証保留中、失敗など) に関係なく、すべての ID が含まれます。

この例では、identity-type パラメータを指定しなかったため、E メールアドレスおよびドメインが返されます。

検証の詳細については、「Amazon Simple Email Service デベロッパーガイド」の「Amazon SES での E メールアドレスとドメインの検証」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListIdentities」の「」を参照してください。 AWS CLI

Java
SDK for Java 2.x
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

import software.amazon.awssdk.regions.Region; import software.amazon.awssdk.services.ses.SesClient; import software.amazon.awssdk.services.ses.model.ListIdentitiesResponse; import software.amazon.awssdk.services.ses.model.SesException; import java.io.IOException; import java.util.List; /** * Before running this Java V2 code example, set up your development * environment, including your credentials. * * For more information, see the following documentation topic: * * https://docs.aws.amazon.com/sdk-for-java/latest/developer-guide/get-started.html */ public class ListIdentities { public static void main(String[] args) throws IOException { Region region = Region.US_WEST_2; SesClient client = SesClient.builder() .region(region) .build(); listSESIdentities(client); } public static void listSESIdentities(SesClient client) { try { ListIdentitiesResponse identitiesResponse = client.listIdentities(); List<String> identities = identitiesResponse.identities(); for (String identity : identities) { System.out.println("The identity is " + identity); } } catch (SesException e) { System.err.println(e.awsErrorDetails().errorMessage()); System.exit(1); } } }
  • API の詳細については、「 API リファレンスListIdentities」の「」を参照してください。 AWS SDK for Java 2.x

JavaScript
SDK for JavaScript (v3)
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

import { ListIdentitiesCommand } from "@aws-sdk/client-ses"; import { sesClient } from "./libs/sesClient.js"; const createListIdentitiesCommand = () => new ListIdentitiesCommand({ IdentityType: "EmailAddress", MaxItems: 10 }); const run = async () => { const listIdentitiesCommand = createListIdentitiesCommand(); try { return await sesClient.send(listIdentitiesCommand); } catch (err) { console.log("Failed to list identities.", err); return err; } };
  • API の詳細については、「 API リファレンスListIdentities」の「」を参照してください。 AWS SDK for JavaScript

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: このコマンドは、検証ステータスに関係なく、特定の AWS アカウントのすべての ID (E メールアドレスとドメイン) を含むリストを返します。

Get-SESIdentity
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスListIdentities」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

Python
SDK for Python (Boto3)
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

class SesIdentity: """Encapsulates Amazon SES identity functions.""" def __init__(self, ses_client): """ :param ses_client: A Boto3 Amazon SES client. """ self.ses_client = ses_client def list_identities(self, identity_type, max_items): """ Gets the identities of the specified type for the current account. :param identity_type: The type of identity to retrieve, such as EmailAddress. :param max_items: The maximum number of identities to retrieve. :return: The list of retrieved identities. """ try: response = self.ses_client.list_identities( IdentityType=identity_type, MaxItems=max_items ) identities = response["Identities"] logger.info("Got %s identities for the current account.", len(identities)) except ClientError: logger.exception("Couldn't list identities for the current account.") raise else: return identities
  • API の詳細については、ListIdentitiesAWS 「 SDK for Python (Boto3) API リファレンス」の「」を参照してください。

Ruby
SDK for Ruby
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

require "aws-sdk-ses" # v2: require 'aws-sdk' # Create client in us-west-2 region # Replace us-west-2 with the AWS Region you're using for Amazon SES. client = Aws::SES::Client.new(region: "us-west-2") # Get up to 1000 identities ids = client.list_identities({ identity_type: "EmailAddress" }) ids.identities.each do |email| attrs = client.get_identity_verification_attributes({ identities: [email] }) status = attrs.verification_attributes[email].verification_status # Display email addresses that have been verified if status == "Success" puts email end end
  • API の詳細については、「 API リファレンスListIdentities」の「」を参照してください。 AWS SDK for Ruby