AWS SDK またはコマンドラインツールListReceiptFiltersで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールListReceiptFiltersで を使用する

以下のコード例は、ListReceiptFilters の使用方法を示しています。

C++
SDK for C++
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

//! List the receipt filters associated with this account. /*! \param filters; A vector of "ReceiptFilter" to receive the retrieved filters. \param clientConfiguration: AWS client configuration. \return bool: Function succeeded. */ bool AwsDoc::SES::listReceiptFilters(Aws::Vector<Aws::SES::Model::ReceiptFilter> &filters, const Aws::Client::ClientConfiguration &clientConfiguration) { Aws::SES::SESClient sesClient(clientConfiguration); Aws::SES::Model::ListReceiptFiltersRequest listReceiptFiltersRequest; Aws::SES::Model::ListReceiptFiltersOutcome outcome = sesClient.ListReceiptFilters( listReceiptFiltersRequest); if (outcome.IsSuccess()) { auto &retrievedFilters = outcome.GetResult().GetFilters(); if (!retrievedFilters.empty()) { filters.insert(filters.cend(), retrievedFilters.cbegin(), retrievedFilters.cend()); } } else { std::cerr << "Error retrieving IP address filters: " << outcome.GetError().GetMessage() << std::endl; } return outcome.IsSuccess(); }
  • API の詳細については、「 API リファレンスListReceiptFilters」の「」を参照してください。 AWS SDK for C++

JavaScript
SDK for JavaScript (v3)
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

import { ListReceiptFiltersCommand } from "@aws-sdk/client-ses"; import { sesClient } from "./libs/sesClient.js"; const createListReceiptFiltersCommand = () => new ListReceiptFiltersCommand({}); const run = async () => { const listReceiptFiltersCommand = createListReceiptFiltersCommand(); return await sesClient.send(listReceiptFiltersCommand); };
  • API の詳細については、「 API リファレンスListReceiptFilters」の「」を参照してください。 AWS SDK for JavaScript

Python
SDK for Python (Boto3)
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

class SesReceiptHandler: """Encapsulates Amazon SES receipt handling functions.""" def __init__(self, ses_client, s3_resource): """ :param ses_client: A Boto3 Amazon SES client. :param s3_resource: A Boto3 Amazon S3 resource. """ self.ses_client = ses_client self.s3_resource = s3_resource def list_receipt_filters(self): """ Gets the list of receipt filters for the current account. :return: The list of receipt filters. """ try: response = self.ses_client.list_receipt_filters() filters = response["Filters"] logger.info("Got %s receipt filters.", len(filters)) except ClientError: logger.exception("Couldn't get receipt filters.") raise else: return filters
  • API の詳細については、ListReceiptFiltersAWS 「 SDK for Python (Boto3) API リファレンス」の「」を参照してください。