AWS SDK またはコマンドラインツールSendRawEmailで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールSendRawEmailで を使用する

以下のコード例は、SendRawEmail の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

Amazon SES を使用して raw E メールを送信するには

以下の例では、send-raw-email コマンドを使用して TXT 添付ファイルを含む E メールを送信しています。

aws ses send-raw-email --raw-message file://message.json

出力:

{ "MessageId": "EXAMPLEf3f73d99b-c63fb06f-d263-41f8-a0fb-d0dc67d56c07-000000" }

raw メッセージは、現在のディレクトリで message.json という名前のファイルに保存される JSON データ構造です。以下の要素が含まれます。

{ "Data": "From: sender@example.com\nTo: recipient@example.com\nSubject: Test email sent using the AWS CLI (contains an attachment)\nMIME-Version: 1.0\nContent-type: Multipart/Mixed; boundary=\"NextPart\"\n\n--NextPart\nContent-Type: text/plain\n\nThis is the message body.\n\n--NextPart\nContent-Type: text/plain;\nContent-Disposition: attachment; filename=\"attachment.txt\"\n\nThis is the text in the attachment.\n\n--NextPart--" }

おわかりのように、「Data」は attachment.txt という添付ファイルを含む、MIME 形式の raw E メールコンテンツ全体が含まれた 1 つの長い文字列です。

sender@example.com と recipient@example.com は、使用するアドレスに置き換えてください。送信者の E メールアドレスは、Amazon SES で検証される必要があることに注意してください。Amazon SES への本稼働アクセスが許可されるまでは、受信者が Amazon SES メールボックスシミュレーターである場合を除き、受信者の E メールアドレスも検証する必要があります。検証の詳細については、「Amazon Simple Email Service デベロッパーガイド」の「Amazon SES での E メールアドレスとドメインの検証」を参照してください。

出力のメッセージ ID は、 の呼び出しが成功 send-raw-email したことを示します。

E メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダを確認してください。

raw E メールの送信の詳細については、「Amazon Simple Email Service デベロッパーガイド」の「Amazon SES を使用して raw E メールを送信する」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスSendRawEmail」の「」を参照してください。 AWS CLI

JavaScript
SDK for JavaScript (v3)
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

nodemailer を使用して、添付ファイル付きの E メールを送信します。

import sesClientModule from "@aws-sdk/client-ses"; /** * nodemailer wraps the SES SDK and calls SendRawEmail. Use this for more advanced * functionality like adding attachments to your email. * * https://nodemailer.com/transports/ses/ */ import nodemailer from "nodemailer"; /** * @param {string} from An Amazon SES verified email address. * @param {*} to An Amazon SES verified email address. */ export const sendEmailWithAttachments = ( from = "from@example.com", to = "to@example.com", ) => { const ses = new sesClientModule.SESClient({}); const transporter = nodemailer.createTransport({ SES: { ses, aws: sesClientModule }, }); return new Promise((resolve, reject) => { transporter.sendMail( { from, to, subject: "Hello World", text: "Greetings from Amazon SES!", attachments: [{ content: "Hello World!", filename: "hello.txt" }], }, (err, info) => { if (err) { reject(err); } else { resolve(info); } }, ); }); };
  • API の詳細については、「 API リファレンスSendRawEmail」の「」を参照してください。 AWS SDK for JavaScript