AWS SDK またはコマンドラインツールVerifyEmailIdentityで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールVerifyEmailIdentityで を使用する

以下のコード例は、VerifyEmailIdentity の使用方法を示しています。

アクション例は、より大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。次のコード例で、このアクションのコンテキストを確認できます。

.NET
AWS SDK for .NET
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

/// <summary> /// Starts verification of an email identity. This request sends an email /// from Amazon SES to the specified email address. To complete /// verification, follow the instructions in the email. /// </summary> /// <param name="recipientEmailAddress">Email address to verify.</param> /// <returns>True if successful.</returns> public async Task<bool> VerifyEmailIdentityAsync(string recipientEmailAddress) { var success = false; try { var response = await _amazonSimpleEmailService.VerifyEmailIdentityAsync( new VerifyEmailIdentityRequest { EmailAddress = recipientEmailAddress }); success = response.HttpStatusCode == HttpStatusCode.OK; } catch (Exception ex) { Console.WriteLine("VerifyEmailIdentityAsync failed with exception: " + ex.Message); } return success; }
  • API の詳細については、「 API リファレンスVerifyEmailIdentity」の「」を参照してください。 AWS SDK for .NET

C++
SDK for C++
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

//! Add an email address to the list of identities associated with this account and //! initiate verification. /*! \param emailAddress; The email address to add. \param clientConfiguration: AWS client configuration. \return bool: Function succeeded. */ bool AwsDoc::SES::verifyEmailIdentity(const Aws::String &emailAddress, const Aws::Client::ClientConfiguration &clientConfiguration) { Aws::SES::SESClient sesClient(clientConfiguration); Aws::SES::Model::VerifyEmailIdentityRequest verifyEmailIdentityRequest; verifyEmailIdentityRequest.SetEmailAddress(emailAddress); Aws::SES::Model::VerifyEmailIdentityOutcome outcome = sesClient.VerifyEmailIdentity(verifyEmailIdentityRequest); if (outcome.IsSuccess()) { std::cout << "Email verification initiated." << std::endl; } else { std::cerr << "Error initiating email verification. " << outcome.GetError().GetMessage() << std::endl; } return outcome.IsSuccess(); }
  • API の詳細については、「 API リファレンスVerifyEmailIdentity」の「」を参照してください。 AWS SDK for C++

CLI
AWS CLI

Amazon SES で E メールアドレスを検証するには

以下の例では、verify-email-identity コマンドを使用して E メールアドレスを認証しています。

aws ses verify-email-identity --email-address user@example.com

Amazon SES を使用してメールを送信する前に、E メールの送信元となるアドレスまたはドメインを所有していることを証明するために、そのアドレスまたはドメインを検証する必要があります。まだ本稼働アクセス権を持っていない場合は、Amazon SES メールボックスシミュレーターから提供された E メールアドレスを除いて、すべての送信先の E メールアドレスも検証する必要があります。

verify-email-identity が呼び出されると、E メールアドレスに検証 E メールが送信されます。ユーザーは、E メールのリンクをクリックして、検証プロセスを完了する必要があります。

詳細については、「Amazon Simple Email Service デベロッパーガイド」の「Amazon SES での E メールアドレスの検証」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスVerifyEmailIdentity」の「」を参照してください。 AWS CLI

JavaScript
SDK for JavaScript (v3)
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

// Import required AWS SDK clients and commands for Node.js import { VerifyEmailIdentityCommand } from "@aws-sdk/client-ses"; import { sesClient } from "./libs/sesClient.js"; const EMAIL_ADDRESS = "name@example.com"; const createVerifyEmailIdentityCommand = (emailAddress) => { return new VerifyEmailIdentityCommand({ EmailAddress: emailAddress }); }; const run = async () => { const verifyEmailIdentityCommand = createVerifyEmailIdentityCommand(EMAIL_ADDRESS); try { return await sesClient.send(verifyEmailIdentityCommand); } catch (err) { console.log("Failed to verify email identity.", err); return err; } };
  • API の詳細については、「 API リファレンスVerifyEmailIdentity」の「」を参照してください。 AWS SDK for JavaScript

Python
SDK for Python (Boto3)
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

class SesIdentity: """Encapsulates Amazon SES identity functions.""" def __init__(self, ses_client): """ :param ses_client: A Boto3 Amazon SES client. """ self.ses_client = ses_client def verify_email_identity(self, email_address): """ Starts verification of an email identity. This function causes an email to be sent to the specified email address from Amazon SES. To complete verification, follow the instructions in the email. :param email_address: The email address to verify. """ try: self.ses_client.verify_email_identity(EmailAddress=email_address) logger.info("Started verification of %s.", email_address) except ClientError: logger.exception("Couldn't start verification of %s.", email_address) raise
  • API の詳細については、 VerifyEmailIdentity AWS SDK for Python (Boto3) API リファレンスの「」を参照してください。

Ruby
SDK for Ruby
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

require "aws-sdk-ses" # v2: require 'aws-sdk' # Replace recipient@example.com with a "To" address. recipient = "recipient@example.com" # Create a new SES resource in the us-west-2 region. # Replace us-west-2 with the AWS Region you're using for Amazon SES. ses = Aws::SES::Client.new(region: "us-west-2") # Try to verify email address. begin ses.verify_email_identity({ email_address: recipient }) puts "Email sent to " + recipient # If something goes wrong, display an error message. rescue Aws::SES::Errors::ServiceError => error puts "Email not sent. Error message: #{error}" end
  • API の詳細については、「 API リファレンスVerifyEmailIdentity」の「」を参照してください。 AWS SDK for Ruby