AWS SDK またはコマンドラインツールDeleteStateMachineで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールDeleteStateMachineで を使用する

以下のコード例は、DeleteStateMachine の使用方法を示しています。

アクション例は、より大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。次のコード例で、このアクションのコンテキストを確認できます。

.NET
AWS SDK for .NET
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

/// <summary> /// Delete a Step Functions state machine. /// </summary> /// <param name="stateMachineArn">The Amazon Resource Name (ARN) of the /// state machine.</param> /// <returns>A Boolean value indicating the success of the action.</returns> public async Task<bool> DeleteStateMachine(string stateMachineArn) { var response = await _amazonStepFunctions.DeleteStateMachineAsync(new DeleteStateMachineRequest { StateMachineArn = stateMachineArn }); return response.HttpStatusCode == System.Net.HttpStatusCode.OK; }
  • API の詳細については、「 API リファレンスDeleteStateMachine」の「」を参照してください。 AWS SDK for .NET

Java
SDK for Java 2.x
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

public static void deleteMachine(SfnClient sfnClient, String stateMachineArn) { try { DeleteStateMachineRequest deleteStateMachineRequest = DeleteStateMachineRequest.builder() .stateMachineArn(stateMachineArn) .build(); sfnClient.deleteStateMachine(deleteStateMachineRequest); DescribeStateMachineRequest describeStateMachine = DescribeStateMachineRequest.builder() .stateMachineArn(stateMachineArn) .build(); while (true) { DescribeStateMachineResponse response = sfnClient.describeStateMachine(describeStateMachine); System.out.println("The state machine is not deleted yet. The status is " + response.status()); Thread.sleep(3000); } } catch (SfnException | InterruptedException e) { System.err.println(e.getMessage()); } System.out.println(stateMachineArn + " was successfully deleted."); }
  • API の詳細については、「 API リファレンスDeleteStateMachine」の「」を参照してください。 AWS SDK for Java 2.x

Kotlin
SDK for Kotlin
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

suspend fun deleteMachine(stateMachineArnVal: String?) { val deleteStateMachineRequest = DeleteStateMachineRequest { stateMachineArn = stateMachineArnVal } SfnClient { region = "us-east-1" }.use { sfnClient -> sfnClient.deleteStateMachine(deleteStateMachineRequest) println("$stateMachineArnVal was successfully deleted.") } }
  • API の詳細については、DeleteStateMachineAWS 「 SDK for Kotlin API リファレンス」の「」を参照してください。

Python
SDK for Python (Boto3)
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

class StateMachine: """Encapsulates Step Functions state machine actions.""" def __init__(self, stepfunctions_client): """ :param stepfunctions_client: A Boto3 Step Functions client. """ self.stepfunctions_client = stepfunctions_client def delete(self, state_machine_arn): """ Delete a state machine and all of its run data. :param state_machine_arn: The ARN of the state machine to delete. """ try: response = self.stepfunctions_client.delete_state_machine( stateMachineArn=state_machine_arn ) except ClientError as err: logger.error( "Couldn't delete state machine %s. Here's why: %s: %s", state_machine_arn, err.response["Error"]["Code"], err.response["Error"]["Message"], ) raise else: return response
  • API の詳細については、 DeleteStateMachine AWS SDK for Python (Boto3) API リファレンスの「」を参照してください。