AWS SDK を使用して、モバイルアプリケーションを Amazon SNS トピックにサブスクライブする - AWS SDK コードサンプル

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK を使用して、モバイルアプリケーションを Amazon SNS トピックにサブスクライブする

次のコード例は、モバイルアプリケーションエンドポイントをサブスクライブし、Amazon SNS トピックから通知を受信するようにする方法を示します。

アクション例は、より大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。次のコード例で、このアクションのコンテキストを確認できます。

C++
SDK for C++
注記

については、こちらを参照してください GitHub。用例一覧を検索し、AWS コードサンプルリポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

//! Subscribe to an Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) topic with delivery to a mobile app. /*! \param topicARN: The Amazon Resource Name (ARN) for an Amazon SNS topic. \param endpointARN: The ARN for a mobile app or device endpoint. \param clientConfiguration: AWS client configuration. \return bool: Function succeeded. */ bool AwsDoc::SNS::subscribeApp(const Aws::String &topicARN, const Aws::String &endpointARN, const Aws::Client::ClientConfiguration &clientConfiguration) { Aws::SNS::SNSClient snsClient(clientConfiguration); Aws::SNS::Model::SubscribeRequest request; request.SetTopicArn(topicARN); request.SetProtocol("application"); request.SetEndpoint(endpointARN); const Aws::SNS::Model::SubscribeOutcome outcome = snsClient.Subscribe(request); if (outcome.IsSuccess()) { std::cout << "Subscribed successfully." << std::endl; std::cout << "Subscription ARN '" << outcome.GetResult().GetSubscriptionArn() << "'." << std::endl; } else { std::cerr << "Error while subscribing " << outcome.GetError().GetMessage() << std::endl; } return outcome.IsSuccess(); }
  • API の詳細については、AWS SDK for C++ API リファレンスの「Subscribe」を参照してください。

JavaScript
SDK for JavaScript (v3)
注記

については、こちらを参照してください GitHub。用例一覧を検索し、AWS コード例リポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

別のモジュールでクライアントを作成し、エクスポートします。

import { SNSClient } from "@aws-sdk/client-sns"; // The AWS Region can be provided here using the `region` property. If you leave it blank // the SDK will default to the region set in your AWS config. export const snsClient = new SNSClient({});

SDK モジュールとクライアントモジュールをインポートし、API を呼び出します。

import { SubscribeCommand } from "@aws-sdk/client-sns"; import { snsClient } from "../libs/snsClient.js"; /** * @param {string} topicArn - The ARN of the topic the subscriber is subscribing to. * @param {string} endpoint - The Endpoint ARN of an application. This endpoint is created * when an application registers for notifications. */ export const subscribeApp = async ( topicArn = "TOPIC_ARN", endpoint = "ENDPOINT", ) => { const response = await snsClient.send( new SubscribeCommand({ Protocol: "application", TopicArn: topicArn, Endpoint: endpoint, }), ); console.log(response); // { // '$metadata': { // httpStatusCode: 200, // requestId: 'c8e35bcd-b3c0-5940-9f66-06f6fcc108f0', // extendedRequestId: undefined, // cfId: undefined, // attempts: 1, // totalRetryDelay: 0 // }, // SubscriptionArn: 'pending confirmation' // } return response; };
  • 詳細については、AWS SDK for JavaScript デベロッパーガイドを参照してください。

  • API の詳細については、AWS SDK for JavaScript API リファレンスの「Subscribe」を参照してください。