AWS SDK またはコマンドラインツールCreateActivationで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールCreateActivationで を使用する

以下のコード例は、CreateActivation の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

マネージドインスタンスのアクティベーションを作成するには

次のcreate-activation例では、マネージドインスタンスのアクティベーションを作成します。

aws ssm create-activation \ --default-instance-name "HybridWebServers" \ --iam-role "HybridWebServersRole" \ --registration-limit 5

出力:

{ "ActivationId": "5743558d-563b-4457-8682-d16c3EXAMPLE", "ActivationCode": "dRmgnYaFv567vEXAMPLE" }

詳細については、AWS 「Systems Manager ユーザーガイド」の「ステップ 4: ハイブリッド環境のマネージドインスタンスのアクティベーションを作成する」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateActivation」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、マネージドインスタンスを作成します。

New-SSMActivation -DefaultInstanceName "MyWebServers" -IamRole "SSMAutomationRole" -RegistrationLimit 10

出力:

ActivationCode ActivationId -------------- ------------ KWChhOxBTiwDcKE9BlKC 08e51e79-1e36-446c-8e63-9458569c1363
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスCreateActivation」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell