AWS SDK またはコマンドラインツールCreateOpsItemで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールCreateOpsItemで を使用する

以下のコード例は、CreateOpsItem の使用方法を示しています。

アクション例は、より大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。次のコード例で、このアクションのコンテキストを確認できます。

CLI
AWS CLI

を作成するには OpsItems

次のcreate-ops-item例では、 で /aws/resources キーを使用して OperationalData 、Amazon DynamoDB 関連リソース OpsItem を持つ を作成します。

aws ssm create-ops-item \ --title "EC2 instance disk full" \ --description "Log clean up may have failed which caused the disk to be full" \ --priority 2 \ --source ec2 \ --operational-data '{"/aws/resources":{"Value":"[{\"arn\": \"arn:aws:dynamodb:us-west-2:12345678:table/OpsItems\"}]","Type":"SearchableString"}}' \ --notifications Arn="arn:aws:sns:us-west-2:12345678:TestUser"

出力:

{ "OpsItemId": "oi-1a2b3c4d5e6f" }

詳細については、「Systems Manager ユーザーガイド」の「 の作成 OpsItems」を参照してください。 AWS

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateOpsItem」の「」を参照してください。 AWS CLI

Java
SDK for Java 2.x
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

// Create an SSM OpsItem public static String createSSMOpsItem(SsmClient ssmClient, String title, String source, String category, String severity) { try { CreateOpsItemRequest opsItemRequest = CreateOpsItemRequest.builder() .description("Created by the Systems Manager Java API") .title(title) .source(source) .category(category) .severity(severity) .build(); CreateOpsItemResponse itemResponse = ssmClient.createOpsItem(opsItemRequest); return itemResponse.opsItemId(); } catch (SsmException e) { System.err.println(e.getMessage()); System.exit(1); } return ""; }
  • API の詳細については、「 API リファレンスCreateOpsItem」の「」を参照してください。 AWS SDK for Java 2.x