AWS SDK またはコマンドラインツールDeleteMaintenanceWindowで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールDeleteMaintenanceWindowで を使用する

以下のコード例は、DeleteMaintenanceWindow の使用方法を示しています。

アクション例は、より大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。次のコード例で、このアクションのコンテキストを確認できます。

CLI
AWS CLI

メンテナンスウィンドウを削除するには

delete-maintenance-window この例では、指定されたメンテナンスウィンドウを削除します。

aws ssm delete-maintenance-window \ --window-id "mw-1a2b3c4d5e6f7g8h9"

出力:

{ "WindowId":"mw-1a2b3c4d5e6f7g8h9" }

詳細については、「Systems Manager ユーザーガイド」の「メンテナンスウィンドウの削除 (AWS CLI)」を参照してください。 AWS

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteMaintenanceWindow」の「」を参照してください。 AWS CLI

Java
SDK for Java 2.x
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

public static void deleteMaintenanceWindow(SsmClient ssmClient, String winId) { try { DeleteMaintenanceWindowRequest windowRequest = DeleteMaintenanceWindowRequest.builder() .windowId(winId) .build(); ssmClient.deleteMaintenanceWindow(windowRequest); System.out.println("The maintenance window was successfully deleted."); } catch (SsmException e) { System.err.println(e.getMessage()); System.exit(1); } }
  • API の詳細については、「 API リファレンスDeleteMaintenanceWindow」の「」を参照してください。 AWS SDK for Java 2.x

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、メンテナンスウィンドウを削除します。

Remove-SSMMaintenanceWindow -WindowId "mw-06d59c1a07c022145"

出力:

mw-06d59c1a07c022145
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスDeleteMaintenanceWindow」の「」を参照してください。