AWS SDK またはコマンドラインツールDescribeAssociationで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールDescribeAssociationで を使用する

以下のコード例は、DescribeAssociation の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

例 1: 関連付けの詳細を取得するには

次のdescribe-association例では、指定した関連付け ID の関連付けについて説明します。

aws ssm describe-association \ --association-id "8dfe3659-4309-493a-8755-0123456789ab"

出力:

{ "AssociationDescription": { "Name": "AWS-GatherSoftwareInventory", "AssociationVersion": "1", "Date": 1534864780.995, "LastUpdateAssociationDate": 1543235759.81, "Overview": { "Status": "Success", "AssociationStatusAggregatedCount": { "Success": 2 } }, "DocumentVersion": "$DEFAULT", "Parameters": { "applications": [ "Enabled" ], "awsComponents": [ "Enabled" ], "customInventory": [ "Enabled" ], "files": [ "" ], "instanceDetailedInformation": [ "Enabled" ], "networkConfig": [ "Enabled" ], "services": [ "Enabled" ], "windowsRegistry": [ "" ], "windowsRoles": [ "Enabled" ], "windowsUpdates": [ "Enabled" ] }, "AssociationId": "8dfe3659-4309-493a-8755-0123456789ab", "Targets": [ { "Key": "InstanceIds", "Values": [ "*" ] } ], "ScheduleExpression": "rate(24 hours)", "LastExecutionDate": 1550501886.0, "LastSuccessfulExecutionDate": 1550501886.0, "AssociationName": "Inventory-Association" } }

詳細については、「Systems Manager ユーザーガイド」の「関連付けの編集と新しいバージョンの作成」を参照してください。 AWS

例 2: 特定のインスタンスとドキュメントの関連付けの詳細を取得するには

次のdescribe-association例では、インスタンスとドキュメントの関連付けについて説明します。

aws ssm describe-association \ --instance-id "i-1234567890abcdef0" \ --name "AWS-UpdateSSMAgent"

出力:

{ "AssociationDescription": { "Status": { "Date": 1487876122.564, "Message": "Associated with AWS-UpdateSSMAgent", "Name": "Associated" }, "Name": "AWS-UpdateSSMAgent", "InstanceId": "i-1234567890abcdef0", "Overview": { "Status": "Pending", "DetailedStatus": "Associated", "AssociationStatusAggregatedCount": { "Pending": 1 } }, "AssociationId": "d8617c07-2079-4c18-9847-1234567890ab", "DocumentVersion": "$DEFAULT", "LastUpdateAssociationDate": 1487876122.564, "Date": 1487876122.564, "Targets": [ { "Values": [ "i-1234567890abcdef0" ], "Key": "InstanceIds" } ] } }

詳細については、「Systems Manager ユーザーガイド」の「関連付けの編集と新しいバージョンの作成」を参照してください。 AWS

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeAssociation」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、インスタンスとドキュメントの関連付けについて説明します。

Get-SSMAssociation -InstanceId "i-0000293ffd8c57862" -Name "AWS-UpdateSSMAgent"

出力:

Name : AWS-UpdateSSMAgent InstanceId : i-0000293ffd8c57862 Date : 2/23/2017 6:55:22 PM Status.Name : Pending Status.Date : 2/20/2015 8:31:11 AM Status.Message : temp_status_change Status.AdditionalInfo : Additional-Config-Needed
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスDescribeAssociation」の「」を参照してください。