AWS SDK またはコマンドラインツールDescribeInstancePatchesで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールDescribeInstancePatchesで を使用する

以下のコード例は、DescribeInstancePatches の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

例 1: インスタンスのパッチ状態の詳細を取得するには

次のdescribe-instance-patches例では、指定したインスタンスのパッチに関する詳細を取得します。

aws ssm describe-instance-patches \ --instance-id "i-1234567890abcdef0"

出力:

{ "Patches": [ { "Title": "2019-01 Security Update for Adobe Flash Player for Windows Server 2016 for x64-based Systems (KB4480979)", "KBId": "KB4480979", "Classification": "SecurityUpdates", "Severity": "Critical", "State": "Installed", "InstalledTime": "2019-01-09T00:00:00+00:00" }, { "Title": "", "KBId": "KB4481031", "Classification": "", "Severity": "", "State": "InstalledOther", "InstalledTime": "2019-02-08T00:00:00+00:00" }, ... ], "NextToken": "--token string truncated--" }

例 2: インスタンスの Missing 状態のパッチのリストを取得するには

次のdescribe-instance-patches例では、指定したインスタンスの Missing 状態にあるパッチに関する情報を取得します。

aws ssm describe-instance-patches \ --instance-id "i-1234567890abcdef0" \ --filters Key=State,Values=Missing

出力:

{ "Patches": [ { "Title": "Windows Malicious Software Removal Tool x64 - February 2019 (KB890830)", "KBId": "KB890830", "Classification": "UpdateRollups", "Severity": "Unspecified", "State": "Missing", "InstalledTime": "1970-01-01T00:00:00+00:00" }, ... ], "NextToken": "--token string truncated--" }

詳細については、「Systems Manager ユーザーガイド」の「パッチコンプライアンス状態について」を参照してください。 AWS

例 3: インスタンスに指定した 以降にインストールされたパッチのリストを取得する InstalledTime には

次のdescribe-instance-patches例では、 --filtersと を組み合わせて、指定したインスタンスの指定時刻以降にインストールされたパッチに関する情報を取得します--query

aws ssm describe-instance-patches \ --instance-id "i-1234567890abcdef0" \ --filters Key=State,Values=Installed \ --query "Patches[?InstalledTime >= `2023-01-01T16:00:00`]"

出力:

{ "Patches": [ { "Title": "2023-03 Cumulative Update for Windows Server 2019 (1809) for x64-based Systems (KB5023702)", "KBId": "KB5023702", "Classification": "SecurityUpdates", "Severity": "Critical", "State": "Installed", "InstalledTime": "2023-03-16T11:00:00+00:00" }, ... ], "NextToken": "--token string truncated--" }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeInstancePatches」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、インスタンスのパッチコンプライアンスの詳細を取得します。

Get-SSMInstancePatch -InstanceId "i-08ee91c0b17045407"
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスDescribeInstancePatches」の「」を参照してください。