AWS SDK またはコマンドラインツールListTagsForResourceで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールListTagsForResourceで を使用する

以下のコード例は、ListTagsForResource の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

パッチベースラインに適用されたタグを一覧表示するには

次のlist-tags-for-resource例では、パッチベースラインのタグを一覧表示します。

aws ssm list-tags-for-resource \ --resource-type "PatchBaseline" \ --resource-id "pb-0123456789abcdef0"

出力:

{ "TagList": [ { "Key": "Environment", "Value": "Production" }, { "Key": "Region", "Value": "EMEA" } ] }

詳細については、「 AWS 全般のリファレンス」の「 AWS リソースのタグ付け」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListTagsForResource」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、メンテナンスウィンドウのタグを一覧表示します。

Get-SSMResourceTag -ResourceId "mw-03eb9db42890fb82d" -ResourceType "MaintenanceWindow"

出力:

Key Value --- ----- Stack Production
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスListTagsForResource」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell