AWS SDK またはコマンドラインツールPutComplianceItemsで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールPutComplianceItemsで を使用する

以下のコード例は、PutComplianceItems の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

指定されたインスタンスにコンプライアンスタイプとコンプライアンスの詳細を登録するには

この例では、指定したマネージドインスタンスCustom:AVCheckにコンプライアンスタイプを登録します。コマンドが成功した場合、出力はありません。

コマンド:

aws ssm put-compliance-items --resource-id "i-1234567890abcdef0" --resource-type "ManagedInstance" --compliance-type "Custom:AVCheck" --execution-summary "ExecutionTime=2019-02-18T16:00:00Z" --items "Id=Version2.0,Title=ScanHost,Severity=CRITICAL,Status=COMPLIANT"
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスPutComplianceItems」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、特定のマネージドインスタンスのカスタムコンプライアンス項目を書き込みます。

$item = [Amazon.SimpleSystemsManagement.Model.ComplianceItemEntry]::new() $item.Id = "07Jun2019-3" $item.Severity="LOW" $item.Status="COMPLIANT" $item.Title="Fin-test-1 - custom" Write-SSMComplianceItem -ResourceId mi-012dcb3ecea45b678 -ComplianceType Custom:VSSCompliant2 -ResourceType ManagedInstance -Item $item -ExecutionSummary_ExecutionTime "07-Jun-2019"
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスPutComplianceItems」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell