AWS SDK またはコマンドラインツールRegisterDefaultPatchBaselineで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールRegisterDefaultPatchBaselineで を使用する

以下のコード例は、RegisterDefaultPatchBaseline の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

デフォルトのパッチベースラインを設定するには

次のregister-default-patch-baseline例では、指定されたカスタムパッチベースラインを、サポートするオペレーティングシステムタイプのデフォルトのパッチベースラインとして登録します。

aws ssm register-default-patch-baseline \ --baseline-id "pb-abc123cf9bEXAMPLE"

出力:

{ "BaselineId":"pb-abc123cf9bEXAMPLE" }

次のregister-default-patch-baseline例では、 AWS for CentOS が提供するデフォルトのパッチベースラインをデフォルトのパッチベースラインとして登録します。

aws ssm register-default-patch-baseline \ --baseline-id "arn:aws:ssm:us-east-2:733109147000:patchbaseline/pb-0574b43a65ea646ed"

出力:

{ "BaselineId":"pb-abc123cf9bEXAMPLE" }

詳細については、AWS 「Systems Manager ユーザーガイド」の「事前定義されたパッチベースラインとカスタムパッチベースラインについて」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスRegisterDefaultPatchBaseline」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、パッチベースラインをデフォルトのパッチベースラインとして登録します。

Register-SSMDefaultPatchBaseline -BaselineId "pb-03da896ca3b68b639"

出力:

pb-03da896ca3b68b639
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスRegisterDefaultPatchBaseline」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell