AWS SDK またはコマンドラインツールRegisterPatchBaselineForPatchGroupで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールRegisterPatchBaselineForPatchGroupで を使用する

以下のコード例は、RegisterPatchBaselineForPatchGroup の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

パッチグループのパッチベースラインを登録するには

次のregister-patch-baseline-for-patch-group例では、パッチグループのパッチベースラインを登録します。

aws ssm register-patch-baseline-for-patch-group \ --baseline-id "pb-045f10b4f382baeda" \ --patch-group "Production"

出力:

{ "BaselineId": "pb-045f10b4f382baeda", "PatchGroup": "Production" }

詳細については、AWS 「Systems Manager ユーザーガイド」の「Create a Patch Group <https://docs.aws.amazon.com/systems-manager/latest/userguide/sysman-patch-group-tagging.html>__」および「Add a Patch Group to a Patch Baseline」を参照してください。

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、パッチグループのパッチベースラインを登録します。

Register-SSMPatchBaselineForPatchGroup -BaselineId "pb-03da896ca3b68b639" -PatchGroup "Production"

出力:

BaselineId PatchGroup ---------- ---------- pb-03da896ca3b68b639 Production
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスRegisterPatchBaselineForPatchGroup」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell