AWS SDK またはコマンドラインツールRegisterTargetWithMaintenanceWindowで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールRegisterTargetWithMaintenanceWindowで を使用する

以下のコード例は、RegisterTargetWithMaintenanceWindow の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

例 1: 1 つのターゲットをメンテナンスウィンドウに登録するには

次のregister-target-with-maintenance-window例では、インスタンスをメンテナンスウィンドウに登録します。

aws ssm register-target-with-maintenance-window \ --window-id "mw-ab12cd34ef56gh78" \ --target "Key=InstanceIds,Values=i-0000293ffd8c57862" \ --owner-information "Single instance" \ --resource-type "INSTANCE"

出力:

{ "WindowTargetId":"1a2b3c4d-1a2b-1a2b-1a2b-1a2b3c4d-1a2" }

例 2: インスタンス IDs

次のregister-target-with-maintenance-window例では、インスタンス IDs。

aws ssm register-target-with-maintenance-window \ --window-id "mw-ab12cd34ef56gh78" \ --target "Key=InstanceIds,Values=i-0000293ffd8c57862,i-0cb2b964d3e14fd9f" \ --owner-information "Two instances in a list" \ --resource-type "INSTANCE"

出力:

{ "WindowTargetId":"1a2b3c4d-1a2b-1a2b-1a2b-1a2b3c4d-1a2" }

例 3: リソースタグを使用してメンテナンスウィンドウにターゲットを登録するには

次のregister-target-with-maintenance-window例では、インスタンスに適用されているリソースタグを指定して、インスタンスをメンテナンスウィンドウに登録します。

aws ssm register-target-with-maintenance-window \ --window-id "mw-06cf17cbefcb4bf4f" \ --targets "Key=tag:Environment,Values=Prod" "Key=Role,Values=Web" \ --owner-information "Production Web Servers" \ --resource-type "INSTANCE"

出力:

{ "WindowTargetId":"1a2b3c4d-1a2b-1a2b-1a2b-1a2b3c4d-1a2" }

例 4: タグキーのグループを使用してターゲットを登録するには

次のregister-target-with-maintenance-window例では、キー値に関係なく、すべての に 1 つ以上のタグキーが割り当てられているインスタンスを登録します。

aws ssm register-target-with-maintenance-window \ --window-id "mw-0c50858d01EXAMPLE" \ --resource-type "INSTANCE" \ --target "Key=tag-key,Values=Name,Instance-Type,CostCenter"

出力:

{ "WindowTargetId":"1a2b3c4d-1a2b-1a2b-1a2b-1a2b3c4d-1a2" }

例 5: リソースグループ名を使用してターゲットを登録するには

次のregister-target-with-maintenance-window例では、含まれるリソースのタイプに関係なく、指定されたリソースグループを登録します。

aws ssm register-target-with-maintenance-window \ --window-id "mw-0c50858d01EXAMPLE" \ --resource-type "RESOURCE_GROUP" \ --target "Key=resource-groups:Name,Values=MyResourceGroup"

出力:

{ "WindowTargetId":"1a2b3c4d-1a2b-1a2b-1a2b-1a2b3c4d-1a2" }

詳細については、「Systems Manager ユーザーガイド」の「メンテナンスウィンドウにターゲットインスタンスを登録する (AWS CLI)」を参照してください。 AWS

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、インスタンスをメンテナンスウィンドウに登録します。

$option1 = @{Key="InstanceIds";Values=@("i-0000293ffd8c57862")} Register-SSMTargetWithMaintenanceWindow -WindowId "mw-06cf17cbefcb4bf4f" -Target $option1 -OwnerInformation "Single instance" -ResourceType "INSTANCE"

出力:

d8e47760-23ed-46a5-9f28-927337725398

例 2: この例では、メンテナンスウィンドウに複数のインスタンスを登録します。

$option1 = @{Key="InstanceIds";Values=@("i-0000293ffd8c57862","i-0cb2b964d3e14fd9f")} Register-SSMTargetWithMaintenanceWindow -WindowId "mw-06cf17cbefcb4bf4f" -Target $option1 -OwnerInformation "Single instance" -ResourceType "INSTANCE"

出力:

6ab5c208-9fc4-4697-84b7-b02a6cc25f7d

例 3: この例では、EC2 タグを使用してインスタンスをメンテナンスウィンドウに登録します。

$option1 = @{Key="tag:Environment";Values=@("Production")} Register-SSMTargetWithMaintenanceWindow -WindowId "mw-06cf17cbefcb4bf4f" -Target $option1 -OwnerInformation "Production Web Servers" -ResourceType "INSTANCE"

出力:

2994977e-aefb-4a71-beac-df620352f184
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスRegisterTargetWithMaintenanceWindow」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell