AWS SDK またはコマンドラインツールUpdateOpsItemで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールUpdateOpsItemで を使用する

以下のコード例は、UpdateOpsItem の使用方法を示しています。

アクション例は、より大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。次のコード例で、このアクションのコンテキストを確認できます。

CLI
AWS CLI

を更新するには OpsItem

次のupdate-ops-item例では、 の説明、優先度、およびカテゴリを更新します OpsItem。さらに、このコマンドは、これが編集または変更されたときに通知を送信する SNS OpsItem トピックを指定します。

aws ssm update-ops-item \ --ops-item-id "oi-287b5EXAMPLE" \ --description "Primary OpsItem for failover event 2020-01-01-fh398yf" \ --priority 2 \ --category "Security" \ --notifications "Arn=arn:aws:sns:us-east-2:111222333444:my-us-east-2-topic"

出力:

This command produces no output.

詳細については、「Systems Manager ユーザーガイド」の OpsItems「 の使用」を参照してください。 AWS

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdateOpsItem」の「」を参照してください。 AWS CLI

Java
SDK for Java 2.x
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

public static void resolveOpsItem(SsmClient ssmClient, String opsID) { try { UpdateOpsItemRequest opsItemRequest = UpdateOpsItemRequest.builder() .opsItemId(opsID) .status(OpsItemStatus.RESOLVED) .build(); ssmClient.updateOpsItem(opsItemRequest); } catch (SsmException e) { System.err.println(e.getMessage()); System.exit(1); } }
  • API の詳細については、「 API リファレンスUpdateOpsItem」の「」を参照してください。 AWS SDK for Java 2.x