AWS SDK またはコマンドラインツールAssumeRoleWithWebIdentityで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールAssumeRoleWithWebIdentityで を使用する

以下のコード例は、AssumeRoleWithWebIdentity の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

ウェブ ID (OAuth 2."0) で認証されたロールの短期認証情報を取得するには

次の assume-role-with-web-identity コマンドは、IAM ロール app1 のために短期間有効な認証情報のセットを取得します。リクエストは、指定されたウェブ ID プロバイダーから提供されたウェブ ID トークンを使用して認証されます。ユーザーが実行できることをさらに制限するために、2 つの追加ポリシーがセッションに適用されます。返される認証情報は、生成されてから 1 時間後に失効します。

aws sts assume-role-with-web-identity \ --duration-seconds 3600 \ --role-session-name "app1" \ --provider-id "www.amazon.com" \ --policy-arns "arn:aws:iam::123456789012:policy/q=webidentitydemopolicy1","arn:aws:iam::123456789012:policy/webidentitydemopolicy2" \ --role-arn arn:aws:iam::123456789012:role/FederatedWebIdentityRole \ --web-identity-token "Atza%7CIQEBLjAsAhRFiXuWpUXuRvQ9PZL3GMFcYevydwIUFAHZwXZXXXXXXXXJnrulxKDHwy87oGKPznh0D6bEQZTSCzyoCtL_8S07pLpr0zMbn6w1lfVZKNTBdDansFBmtGnIsIapjI6xKR02Yc_2bQ8LZbUXSGm6Ry6_BG7PrtLZtj_dfCTj92xNGed-CrKqjG7nPBjNIL016GGvuS5gSvPRUxWES3VYfm1wl7WTI7jn-Pcb6M-buCgHhFOzTQxod27L9CqnOLio7N3gZAGpsp6n1-AJBOCJckcyXe2c6uD0srOJeZlKUm2eTDVMf8IehDVI0r1QOnTV6KzzAI3OY87Vd_cVMQ"

出力:

{ "SubjectFromWebIdentityToken": "amzn1.account.AF6RHO7KZU5XRVQJGXK6HB56KR2A" "Audience": "client.5498841531868486423.1548@apps.example.com", "AssumedRoleUser": { "Arn": "arn:aws:sts::123456789012:assumed-role/FederatedWebIdentityRole/app1", "AssumedRoleId": "AROACLKWSDQRAOEXAMPLE:app1" } "Credentials": { "AccessKeyId": "AKIAIOSFODNN7EXAMPLE", "SecretAccessKey": "wJalrXUtnFEMI/K7MDENG/bPxRfiCYzEXAMPLEKEY", "SessionToken": "AQoEXAMPLEH4aoAH0gNCAPyJxz4BlCFFxWNE1OPTgk5TthT+FvwqnKwRcOIfrRh3c/LTo6UDdyJwOOvEVPvLXCrrrUtdnniCEXAMPLE/IvU1dYUg2RVAJBanLiHb4IgRmpRV3zrkuWJOgQs8IZZaIv2BXIa2R4OlgkBN9bkUDNCJiBeb/AXlzBBko7b15fjrBs2+cTQtpZ3CYWFXG8C5zqx37wnOE49mRl/+OtkIKGO7fAE", "Expiration": "2020-05-19T18:06:10+00:00" }, "Provider": "www.amazon.com" }

詳細については、「AWS IAM ユーザーガイド」の「一時的なセキュリティ認証情報のリクエスト」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスAssumeRoleWithWebIdentity」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: Login with Amazon ID プロバイダーで認証されたユーザーの一時的な認証情報一式 (1 時間有効) を返します。認証情報は、ロール ARN によって識別されるロールに関連付けられたアクセスポリシーを引き受けます。オプションで、JSON ポリシーを-Policy パラメータに渡して、アクセス権限をさらに絞り込むことができます (ロールに関連付けられている権限で使用可能な権限よりも多くの権限を付与することはできません)。に指定された値は、ID プロバイダーによって返された一意のユーザー識別子WebIdentityToken です。

Use-STSWebIdentityRole -DurationInSeconds 3600 -ProviderId "www.amazon.com" -RoleSessionName "app1" -RoleArn "arn:aws:iam::123456789012:role/FederatedWebIdentityRole" -WebIdentityToken "Atza...DVI0r1"
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスAssumeRoleWithWebIdentity」の「」を参照してください。