AWS SDK またはコマンドラインツールRefreshTrustedAdvisorCheckで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールRefreshTrustedAdvisorCheckで を使用する

以下のコード例は、RefreshTrustedAdvisorCheck の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

AWS Trusted Advisor チェックを更新するには

次のrefresh-trusted-advisor-check例では、 AWS アカウントの Amazon S3 バケットアクセス許可 Trusted Advisor チェックを更新します。

aws support refresh-trusted-advisor-check \ --check-id "Pfx0RwqBli"

出力:

{ "status": { "checkId": "Pfx0RwqBli", "status": "enqueued", "millisUntilNextRefreshable": 3599992 } }

詳細については、AWS 「 サポートユーザーガイド」の「AWS Trusted Advisor」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスRefreshTrustedAdvisorCheck」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: 指定された Trusted Advisor チェックの更新をリクエストします。

Request-ASATrustedAdvisorCheckRefresh -CheckId "checkid1"
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスRefreshTrustedAdvisorCheck」の「」を参照してください。