SDK for Swift を使用した IAM の例 - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

SDK for Swift を使用した IAM の例

次のコード例は、IAM で AWS SDK for Swift を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

トピック

アクション

次の例は、AttachRolePolicy を使用する方法を説明しています。

SDK for Swift
注記

これはプレビューリリースの SDK に関するプレリリースドキュメントです。このドキュメントは変更される可能性があります。

注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

public func attachRolePolicy(role: String, policyArn: String) async throws { let input = AttachRolePolicyInput( policyArn: policyArn, roleName: role ) do { _ = try await client.attachRolePolicy(input: input) } catch { throw error } }
  • API の詳細については、AttachRolePolicyAWS 「 SDK for Swift API リファレンス」の「」を参照してください。

次の例は、CreateAccessKey を使用する方法を説明しています。

SDK for Swift
注記

これはプレビューリリースの SDK に関するプレリリースドキュメントです。このドキュメントは変更される可能性があります。

注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

public func createAccessKey(userName: String) async throws -> IAMClientTypes.AccessKey { let input = CreateAccessKeyInput( userName: userName ) do { let output = try await iamClient.createAccessKey(input: input) guard let accessKey = output.accessKey else { throw ServiceHandlerError.keyError } return accessKey } catch { throw error } }
  • API の詳細については、AWS 「 SDK for Swift API リファレンスCreateAccessKey」の「」を参照してください。

次の例は、CreatePolicy を使用する方法を説明しています。

SDK for Swift
注記

これはプレビューリリースの SDK に関するプレリリースドキュメントです。このドキュメントは変更される可能性があります。

注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

public func createPolicy(name: String, policyDocument: String) async throws -> IAMClientTypes.Policy { let input = CreatePolicyInput( policyDocument: policyDocument, policyName: name ) do { let output = try await iamClient.createPolicy(input: input) guard let policy = output.policy else { throw ServiceHandlerError.noSuchPolicy } return policy } catch { throw error } }
  • API の詳細については、AWS 「 SDK for Swift API リファレンスCreatePolicy」の「」を参照してください。

次の例は、CreateRole を使用する方法を説明しています。

SDK for Swift
注記

これはプレビューリリースの SDK に関するプレリリースドキュメントです。このドキュメントは変更される可能性があります。

注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

public func createRole(name: String, policyDocument: String) async throws -> String { let input = CreateRoleInput( assumeRolePolicyDocument: policyDocument, roleName: name ) do { let output = try await client.createRole(input: input) guard let role = output.role else { throw ServiceHandlerError.noSuchRole } guard let id = role.roleId else { throw ServiceHandlerError.noSuchRole } return id } catch { throw error } }
  • API の詳細については、AWS 「 SDK for Swift API リファレンスCreateRole」の「」を参照してください。

次の例は、CreateServiceLinkedRole を使用する方法を説明しています。

SDK for Swift
注記

これはプレビューリリースの SDK に関するプレリリースドキュメントです。このドキュメントは変更される可能性があります。

注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

public func createServiceLinkedRole(service: String, suffix: String? = nil, description: String?) async throws -> IAMClientTypes.Role { let input = CreateServiceLinkedRoleInput( awsServiceName: service, customSuffix: suffix, description: description ) do { let output = try await client.createServiceLinkedRole(input: input) guard let role = output.role else { throw ServiceHandlerError.noSuchRole } return role } catch { throw error } }
  • API の詳細については、AWS 「 SDK for Swift API リファレンスCreateServiceLinkedRole」の「」を参照してください。

次の例は、CreateUser を使用する方法を説明しています。

SDK for Swift
注記

これはプレビューリリースの SDK に関するプレリリースドキュメントです。このドキュメントは変更される可能性があります。

注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

public func createUser(name: String) async throws -> String { let input = CreateUserInput( userName: name ) do { let output = try await client.createUser(input: input) guard let user = output.user else { throw ServiceHandlerError.noSuchUser } guard let id = user.userId else { throw ServiceHandlerError.noSuchUser } return id } catch { throw error } }
  • API の詳細については、AWS 「 SDK for Swift API リファレンスCreateUser」の「」を参照してください。

次の例は、DeleteAccessKey を使用する方法を説明しています。

SDK for Swift
注記

これはプレビューリリースの SDK に関するプレリリースドキュメントです。このドキュメントは変更される可能性があります。

注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

public func deleteAccessKey(user: IAMClientTypes.User? = nil, key: IAMClientTypes.AccessKey) async throws { let userName: String? if user != nil { userName = user!.userName } else { userName = nil } let input = DeleteAccessKeyInput( accessKeyId: key.accessKeyId, userName: userName ) do { _ = try await iamClient.deleteAccessKey(input: input) } catch { throw error } }
  • API の詳細については、AWS 「 SDK for Swift API リファレンスDeleteAccessKey」の「」を参照してください。

次の例は、DeletePolicy を使用する方法を説明しています。

SDK for Swift
注記

これはプレビューリリースの SDK に関するプレリリースドキュメントです。このドキュメントは変更される可能性があります。

注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

public func deletePolicy(policy: IAMClientTypes.Policy) async throws { let input = DeletePolicyInput( policyArn: policy.arn ) do { _ = try await iamClient.deletePolicy(input: input) } catch { throw error } }
  • API の詳細については、AWS 「 SDK for Swift API リファレンスDeletePolicy」の「」を参照してください。

次の例は、DeleteRole を使用する方法を説明しています。

SDK for Swift
注記

これはプレビューリリースの SDK に関するプレリリースドキュメントです。このドキュメントは変更される可能性があります。

注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

public func deleteRole(role: IAMClientTypes.Role) async throws { let input = DeleteRoleInput( roleName: role.roleName ) do { _ = try await iamClient.deleteRole(input: input) } catch { throw error } }
  • API の詳細については、AWS 「 SDK for Swift API リファレンスDeleteRole」の「」を参照してください。

次の例は、DeleteUser を使用する方法を説明しています。

SDK for Swift
注記

これはプレビューリリースの SDK に関するプレリリースドキュメントです。このドキュメントは変更される可能性があります。

注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

public func deleteUser(user: IAMClientTypes.User) async throws { let input = DeleteUserInput( userName: user.userName ) do { _ = try await iamClient.deleteUser(input: input) } catch { throw error } }
  • API の詳細については、AWS 「 SDK for Swift API リファレンスDeleteUser」の「」を参照してください。

次の例は、DeleteUserPolicy を使用する方法を説明しています。

SDK for Swift
注記

これはプレビューリリースの SDK に関するプレリリースドキュメントです。このドキュメントは変更される可能性があります。

注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

func deleteUserPolicy(user: IAMClientTypes.User, policyName: String) async throws { let input = DeleteUserPolicyInput( policyName: policyName, userName: user.userName ) do { _ = try await iamClient.deleteUserPolicy(input: input) } catch { throw error } }
  • API の詳細については、AWS 「 SDK for Swift API リファレンスDeleteUserPolicy」の「」を参照してください。

次の例は、DetachRolePolicy を使用する方法を説明しています。

SDK for Swift
注記

これはプレビューリリースの SDK に関するプレリリースドキュメントです。このドキュメントは変更される可能性があります。

注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

public func detachRolePolicy(policy: IAMClientTypes.Policy, role: IAMClientTypes.Role) async throws { let input = DetachRolePolicyInput( policyArn: policy.arn, roleName: role.roleName ) do { _ = try await iamClient.detachRolePolicy(input: input) } catch { throw error } }
  • API の詳細については、AWS 「 SDK for Swift API リファレンスDetachRolePolicy」の「」を参照してください。

次の例は、GetPolicy を使用する方法を説明しています。

SDK for Swift
注記

これはプレビューリリースの SDK に関するプレリリースドキュメントです。このドキュメントは変更される可能性があります。

注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

public func getPolicy(arn: String) async throws -> IAMClientTypes.Policy { let input = GetPolicyInput( policyArn: arn ) do { let output = try await client.getPolicy(input: input) guard let policy = output.policy else { throw ServiceHandlerError.noSuchPolicy } return policy } catch { throw error } }
  • API の詳細については、AWS 「 SDK for Swift API リファレンスGetPolicy」の「」を参照してください。

次の例は、GetRole を使用する方法を説明しています。

SDK for Swift
注記

これはプレビューリリースの SDK に関するプレリリースドキュメントです。このドキュメントは変更される可能性があります。

注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

public func getRole(name: String) async throws -> IAMClientTypes.Role { let input = GetRoleInput( roleName: name ) do { let output = try await client.getRole(input: input) guard let role = output.role else { throw ServiceHandlerError.noSuchRole } return role } catch { throw error } }
  • API の詳細については、AWS 「 SDK for Swift API リファレンスGetRole」の「」を参照してください。

次の例は、ListAttachedRolePolicies を使用する方法を説明しています。

SDK for Swift
注記

これはプレビューリリースの SDK に関するプレリリースドキュメントです。このドキュメントは変更される可能性があります。

注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

/// Returns a list of AWS Identity and Access Management (IAM) policies /// that are attached to the role. /// /// - Parameter role: The IAM role to return the policy list for. /// /// - Returns: An array of `IAMClientTypes.AttachedPolicy` objects /// describing each managed policy that's attached to the role. public func listAttachedRolePolicies(role: String) async throws -> [IAMClientTypes.AttachedPolicy] { var policyList: [IAMClientTypes.AttachedPolicy] = [] var marker: String? = nil var isTruncated: Bool repeat { let input = ListAttachedRolePoliciesInput( marker: marker, roleName: role ) let output = try await client.listAttachedRolePolicies(input: input) guard let attachedPolicies = output.attachedPolicies else { return policyList } for attachedPolicy in attachedPolicies { policyList.append(attachedPolicy) } marker = output.marker isTruncated = output.isTruncated } while isTruncated == true return policyList }
  • API の詳細については、AWS 「 SDK for Swift API リファレンスListAttachedRolePolicies」の「」を参照してください。

次の例は、ListGroups を使用する方法を説明しています。

SDK for Swift
注記

これはプレビューリリースの SDK に関するプレリリースドキュメントです。このドキュメントは変更される可能性があります。

注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

public func listGroups() async throws -> [String] { var groupList: [String] = [] var marker: String? = nil var isTruncated: Bool repeat { let input = ListGroupsInput(marker: marker) let output = try await client.listGroups(input: input) guard let groups = output.groups else { return groupList } for group in groups { if let name = group.groupName { groupList.append(name) } } marker = output.marker isTruncated = output.isTruncated } while isTruncated == true return groupList }
  • API の詳細については、AWS 「 SDK for Swift API リファレンスListGroups」の「」を参照してください。

次の例は、ListPolicies を使用する方法を説明しています。

SDK for Swift
注記

これはプレビューリリースの SDK に関するプレリリースドキュメントです。このドキュメントは変更される可能性があります。

注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

public func listPolicies() async throws -> [MyPolicyRecord] { var policyList: [MyPolicyRecord] = [] var marker: String? = nil var isTruncated: Bool repeat { let input = ListPoliciesInput(marker: marker) let output = try await client.listPolicies(input: input) guard let policies = output.policies else { return policyList } for policy in policies { guard let name = policy.policyName, let id = policy.policyId, let arn = policy.arn else { throw ServiceHandlerError.noSuchPolicy } policyList.append(MyPolicyRecord(name: name, id: id, arn: arn)) } marker = output.marker isTruncated = output.isTruncated } while isTruncated == true return policyList }
  • API の詳細については、AWS 「 SDK for Swift API リファレンスListPolicies」の「」を参照してください。

次の例は、ListRolePolicies を使用する方法を説明しています。

SDK for Swift
注記

これはプレビューリリースの SDK に関するプレリリースドキュメントです。このドキュメントは変更される可能性があります。

注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

public func listRolePolicies(role: String) async throws -> [String] { var policyList: [String] = [] var marker: String? = nil var isTruncated: Bool repeat { let input = ListRolePoliciesInput( marker: marker, roleName: role ) let output = try await client.listRolePolicies(input: input) guard let policies = output.policyNames else { return policyList } for policy in policies { policyList.append(policy) } marker = output.marker isTruncated = output.isTruncated } while isTruncated == true return policyList }
  • API の詳細については、AWS 「 SDK for Swift API リファレンスListRolePolicies」の「」を参照してください。

次の例は、ListRoles を使用する方法を説明しています。

SDK for Swift
注記

これはプレビューリリースの SDK に関するプレリリースドキュメントです。このドキュメントは変更される可能性があります。

注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

public func listRoles() async throws -> [String] { var roleList: [String] = [] var marker: String? = nil var isTruncated: Bool repeat { let input = ListRolesInput(marker: marker) let output = try await client.listRoles(input: input) guard let roles = output.roles else { return roleList } for role in roles { if let name = role.roleName { roleList.append(name) } } marker = output.marker isTruncated = output.isTruncated } while isTruncated == true return roleList }
  • API の詳細については、AWS 「 SDK for Swift API リファレンスListRoles」の「」を参照してください。

次の例は、ListUsers を使用する方法を説明しています。

SDK for Swift
注記

これはプレビューリリースの SDK に関するプレリリースドキュメントです。このドキュメントは変更される可能性があります。

注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

public func listUsers() async throws -> [MyUserRecord] { var userList: [MyUserRecord] = [] var marker: String? = nil var isTruncated: Bool repeat { let input = ListUsersInput(marker: marker) let output = try await client.listUsers(input: input) guard let users = output.users else { return userList } for user in users { if let id = user.userId, let name = user.userName { userList.append(MyUserRecord(id: id, name: name)) } } marker = output.marker isTruncated = output.isTruncated } while isTruncated == true return userList }
  • API の詳細については、AWS 「 SDK for Swift API リファレンスListUsers」の「」を参照してください。

次の例は、PutUserPolicy を使用する方法を説明しています。

SDK for Swift
注記

これはプレビューリリースの SDK に関するプレリリースドキュメントです。このドキュメントは変更される可能性があります。

注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

func putUserPolicy(policyDocument: String, policyName: String, user: IAMClientTypes.User) async throws { let input = PutUserPolicyInput( policyDocument: policyDocument, policyName: policyName, userName: user.userName ) do { _ = try await iamClient.putUserPolicy(input: input) } catch { throw error } }
  • API の詳細については、AWS 「 SDK for Swift API リファレンスPutUserPolicy」の「」を参照してください。