AWS SDK またはコマンドラインツールCreateVocabularyで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールCreateVocabularyで を使用する

以下のコード例は、CreateVocabulary の使用方法を示しています。

アクション例は、より大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。次のコード例で、このアクションのコンテキストを確認できます。

.NET
AWS SDK for .NET
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

/// <summary> /// Create a custom vocabulary using a list of phrases. Custom vocabularies /// improve transcription accuracy for one or more specific words. /// </summary> /// <param name="languageCode">The language code of the vocabulary.</param> /// <param name="phrases">Phrases to use in the vocabulary.</param> /// <param name="vocabularyName">Name for the vocabulary.</param> /// <returns>The state of the custom vocabulary.</returns> public async Task<VocabularyState> CreateCustomVocabulary(LanguageCode languageCode, List<string> phrases, string vocabularyName) { var response = await _amazonTranscribeService.CreateVocabularyAsync( new CreateVocabularyRequest { LanguageCode = languageCode, Phrases = phrases, VocabularyName = vocabularyName }); return response.VocabularyState; }
  • API の詳細については、「 API リファレンスCreateVocabulary」の「」を参照してください。 AWS SDK for .NET

CLI
AWS CLI

カスタム語彙を作成するには

次の create-vocabulary 例は、カスタム語彙を作成します。カスタム語彙を作成するには、より正確に書き起こすべき用語のすべてを含むテキストファイルを作成しておく必要があります。には vocabulary-file-uri、そのテキストファイルの Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) URI を指定します。language-code として、カスタム語彙の言語に対応する言語コードを指定します。vocabulary-name として、カスタムボキャブラリーに付ける名前を指定します。

aws transcribe create-vocabulary \ --language-code language-code \ --vocabulary-name cli-vocab-example \ --vocabulary-file-uri s3://DOC-EXAMPLE-BUCKET/Amazon-S3-prefix/the-text-file-for-the-custom-vocabulary.txt

出力:

{ "VocabularyName": "cli-vocab-example", "LanguageCode": "language-code", "VocabularyState": "PENDING" }

詳細については、「Amazon Transcribe デベロッパーガイド」の「カスタムボキャブラリー」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateVocabulary」の「」を参照してください。 AWS CLI

Python
SDK for Python (Boto3)
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

def create_vocabulary( vocabulary_name, language_code, transcribe_client, phrases=None, table_uri=None ): """ Creates a custom vocabulary that can be used to improve the accuracy of transcription jobs. This function returns as soon as the vocabulary processing is started. Call get_vocabulary to get the current status of the vocabulary. The vocabulary is ready to use when its status is 'READY'. :param vocabulary_name: The name of the custom vocabulary. :param language_code: The language code of the vocabulary. For example, en-US or nl-NL. :param transcribe_client: The Boto3 Transcribe client. :param phrases: A list of comma-separated phrases to include in the vocabulary. :param table_uri: A table of phrases and pronunciation hints to include in the vocabulary. :return: Information about the newly created vocabulary. """ try: vocab_args = {"VocabularyName": vocabulary_name, "LanguageCode": language_code} if phrases is not None: vocab_args["Phrases"] = phrases elif table_uri is not None: vocab_args["VocabularyFileUri"] = table_uri response = transcribe_client.create_vocabulary(**vocab_args) logger.info("Created custom vocabulary %s.", response["VocabularyName"]) except ClientError: logger.exception("Couldn't create custom vocabulary %s.", vocabulary_name) raise else: return response
  • API の詳細については、CreateVocabularyAWS 「 SDK for Python (Boto3) API リファレンス」の「」を参照してください。