使用可能なランタイム - AWS CodeBuild

使用可能なランタイム

buildspec ファイルの runtime-versions セクションで 1 つ以上のランタイムを指定できます。ランタイムが別のランタイムに依存している場合は、依存しているランタイムを buildspec ファイルで指定することもできます。buildspec ファイルでランタイムを指定しない場合は、CodeBuild により、使用するイメージのデフォルトのランタイムが選択されます。1 つ以上のランタイムを指定すると、CodeBuild により、それらのランタイムのみが使用されます。依存関係のあるランタイムが指定されていない場合、CodeBuild により、依存関係のあるランタイムの選択が試みられます。詳細については、「Specify runtime versions in the buildspec file」を参照してください。

Linux イメージのランタイム

次の表に、使用可能なランタイムと、それらをサポートする標準 Linux イメージを示します。

Ubuntu および Amazon Linux 2 プラットフォームランタイム
ランタイム名 バージョン イメージ
android

28

Amazon Linux 2 x86_64 standard: 3.0

Ubuntu standard:4.0

29

Amazon Linux 2 x86_64 standard: 3.0

Ubuntu standard:4.0

dotnet

3.1

Amazon Linux 2 x86_64 standard: 3.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard: 2.0

Ubuntu standard:4.0

Ubuntu standard:5.0

5.0

Ubuntu standard:5.0

6.0

Amazon Linux 2 x86_64 standard:4.0

Ubuntu standard:6.0

golang

1.12

Amazon Linux 2 x86_64 standard: 3.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard: 1.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard: 2.0

Ubuntu standard:4.0

1.13

Amazon Linux 2 x86_64 standard: 3.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard: 1.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard: 2.0

Ubuntu standard:4.0

1.14

Amazon Linux 2 x86_64 standard: 3.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard: 2.0

Ubuntu standard:4.0

1.15

Ubuntu standard:5.0

1.16

Ubuntu standard:5.0

1.18

Amazon Linux 2 x86_64 standard:4.0

Ubuntu standard:6.0

java

corretto8

Amazon Linux 2 x86_64 standard: 3.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard: 1.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard: 2.0

Ubuntu standard:4.0

Ubuntu standard:5.0

corretto11

Amazon Linux 2 x86_64 standard: 3.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard: 1.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard: 2.0

Ubuntu standard:4.0

Ubuntu standard:5.0

corretto17

Amazon Linux 2 x86_64 standard:4.0

Ubuntu standard:6.0

nodejs

8

Amazon Linux 2 AArch64 standard: 1.0

10

Amazon Linux 2 x86_64 standard: 3.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard: 1.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard: 2.0

Ubuntu standard:4.0

12

Amazon Linux 2 x86_64 standard: 3.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard: 1.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard: 2.0

Ubuntu standard:4.0

Ubuntu standard:5.0

14

Ubuntu standard:5.0

16

Amazon Linux 2 x86_64 standard:4.0

Ubuntu standard:6.0

php

73

Amazon Linux 2 x86_64 standard: 3.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard: 1.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard: 2.0

Ubuntu standard:4.0

Ubuntu standard:5.0

7.4

Amazon Linux 2 x86_64 standard: 3.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard: 2.0

Ubuntu standard:4.0

Ubuntu standard:5.0

8.0

Ubuntu standard:5.0

8.1

Amazon Linux 2 x86_64 standard:4.0

Ubuntu standard:6.0

python

3.7

Amazon Linux 2 x86_64 standard: 3.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard: 1.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard: 2.0

Ubuntu standard:4.0

Ubuntu standard:5.0

3.8

Amazon Linux 2 x86_64 standard: 3.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard: 1.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard: 2.0

Ubuntu standard:4.0

Ubuntu standard:5.0

3.9

Amazon Linux 2 x86_64 standard: 3.0

Amazon Linux 2 x86_64 standard:4.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard: 2.0

Ubuntu standard:4.0

Ubuntu standard:5.0

3.10

Ubuntu standard:6.0

ruby

2.6

Amazon Linux 2 x86_64 standard: 3.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard: 1.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard: 2.0

Ubuntu standard:4.0

Ubuntu standard:5.0

2.7

Amazon Linux 2 x86_64 standard: 3.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard: 2.0

Ubuntu standard:4.0

Ubuntu standard:5.0

3.1

Amazon Linux 2 x86_64 standard:4.0

Ubuntu standard:6.0

Windows イメージのランタイム

Windows Server Core 2019 のベースイメージには、以下のランタイムが含まれています。

Windows プラットフォームのランタイム
ランタイム名 windows-base:2019-1.0 で使用可能なバージョン windows-base:2019-2.0 で使用可能なバージョン
dotnet 3.1.404

5.0

3.1.419

6.0.300

golang 1.14 1.18.2
nodejs 12.18 16.15.0
java corretto11 corretto11

corretto17

php 7.4.7 8.1.6
powershell 7.0.2 7.2.4
python 3.8.3 3.10.4
ruby 2.7 3.1.1.1