ステップ 10: S3 入力バケットを削除する - AWS CodeBuild

ステップ 10: S3 入力バケットを削除する

(前のステップ: ステップ 9: ビルド出力アーティファクトを取得する)

AWS アカウントで継続的に料金が発生しないように、このチュートリアルで使用した入力・出力バケットを削除することもできます。手順については、Amazon Simple Storage Service ユーザーガイドバケットを削除、または空にする方法を参照してください。

IAM ユーザー を使用している場合、このバケットを削除するユーザーまたは管理者 IAM ユーザーには、さらに高いアクセス権限が必要です。マーカー間で次のステートメント (###BEGIN ADDING STATEMENT HERE######END ADDING STATEMENTS HERE###) を既存のアクセスポリシーに追加します。

このステートメントでは、簡潔にするために省略記号 (...) が使用されています。既存のアクセスポリシーのステートメントは削除しないでください。これらの省略記号はポリシーに入力しないでください。

{ "Version": "2012-10-17", "Id": "...", "Statement": [ ### BEGIN ADDING STATEMENT HERE ### { "Effect": "Allow", "Action": [ "s3:DeleteBucket", "s3:DeleteObject" ], "Resource": "*" } ### END ADDING STATEMENT HERE ### ] }

次のステップ

まとめ