ステップ 5: ビルドプロジェクトを作成する - AWS CodeBuild

ステップ 5: ビルドプロジェクトを作成する

(前のステップ: ステップ 4: ソースコードと buildspec ファイルをアップロードする)

このステップでは、AWS CodeBuild がビルドの実行に使用するビルドプロジェクトを作成します。ビルドプロジェクトには、ビルドの実行方法に関する情報が含まれています。これには、ソースコードの取得先、使用するビルド環境、実行するビルドコマンド、ビルド出力の格納先が含まれます。ビルド環境は、CodeBuild がビルドを実行するために使用するオペレーティングシステム、プログラミング言語ランタイム、およびツールの組み合わせを表します。ビルド環境は Docker イメージとして表されます。詳細については、Docker Docs ウェブサイトの Docker overview を参照してください。

このビルド環境では、CodeBuild に、Java 開発キット (JDK) のバージョンおよび Apache Maven が含まれる Docker イメージを使用するように指示します。

ビルドプロジェクトを作成するには

  1. AWS Management Console にサインインして、AWS CodeBuild コンソール (https://console.aws.amazon.com/codesuite/codebuild/home) を開きます。

  2. AWS リージョンセレクタを使用して、CodeBuild がサポートされている AWS リージョンを選択します。詳細については、アマゾン ウェブ サービス全般のリファレンス AWS CodeBuild のエンドポイントとクォータを参照してください。

  3. CodeBuild の情報ページが表示された場合、ビルドプロジェクトを作成するを選択します。それ以外の場合は、ナビゲーションペインで [ビルド] を展開し、 [ビルドプロジェクト] を選択し、次に [Create build project (ビルドプロジェクトの作成)] を選択します。

  4. [Create build project (ビルドプロジェクトの作成)] ページで、[Project configuration (プロジェクト設定)] の [プロジェクト名] にこのビルドプロジェクトの名前を入力します (この例では、codebuild-demo-project)。ビルドプロジェクトの名前は、各 AWS アカウントで一意である必要があります。別の名前を選択した場合は、このチュートリアル全体でその名前を使用してください。

    注記

    [Create build project (ビルドプロジェクトの作成)] ページに「このオペレーションを実行する権限がありません」というようなエラーメッセージが表示される場合があります。これは、ビルドプロジェクトを作成するアクセス許可を持たない IAM ユーザーとして AWS Management Console にサインインしたことが原因と考えられます。これを修正するには、AWS Management Console からサインアウトし、次の IAM エンティティのいずれかに属する認証情報でサインインし直します。

    • AWS アカウントの管理者 IAM ユーザー。詳細については、IAM ユーザーガイド「最初の IAM 管理者のユーザーおよびグループの作成」を参照してください。

    • AWSCodeBuildAdminAccessAmazonS3ReadOnlyAccessIAMFullAccess の管理ポリシーが IAM ユーザーまたは IAM ユーザーが属する IAM グループにアタッチされている、AWS アカウントの IAM ユーザー。これらのアクセス許可を持つ IAM ユーザーやグループが AWS アカウントに存在せず、これらのアクセス許可を IAM ユーザーやグループに追加できない場合は、AWS アカウント管理者にお問い合わせください。詳細については、「AWS 用の 管理 (事前定義) ポリシーAWS CodeBuild」を参照してください。

    どちらのオプションにも、このチュートリアルを完了できるように、ビルドプロジェクトの作成を許可する管理者権限が含まれています。常に必要最小限のアクセス許可を使用してタスクを達成してください。詳細については、「AWS CodeBuild のアクセス許可に関するリファレンス」を参照してください。

  5. [ソース] で、[ソースプロバイダ] として [Amazon S3] を選択します。

  6. [Bucket (バケット)] で、[codebuild-region-ID-account-ID-input-bucket] を選択します。

  7. [S3 オブジェクトキー] に「MessageUtil.zip」と入力します。

  8. [環境] の [環境イメージ] で、[Managed image (マネージド型イメージ)] を選択したままにしておきます。

  9. [オペレーティングシステム] で、[Amazon Linux 2] を選択します。

  10. [ランタイム] で、[Standard (標準)] を選択します。

  11. [イメージ] で、[aws/codebuild/amazonlinux2-x86_64-standard:3.0] を選択します。

  12. [サービスロール] で、[New service role (新しいサービスロール)] は選択したままにして、[Role name (ロール名)] は変更しません。

  13. [Buildspec] で、[Use a buildspec file (buildspec ファイルを使用)] を選択したままにしておきます。

  14. [アーティファクト] の [タイプ] で、[Amazon S3] を選択します。

  15. [バケット名] で、[codebuild-region-ID-account-ID-output-bucket] を選択します。

  16. ​[名前] と [パス] を空白のままにします。

  17. [Create build project (ビルドプロジェクトの作成)] を選択します。

次のステップ

ステップ 6: ビルドを実行する