ステップ 1: ソースコードを作成する - AWS CodeBuild

ステップ 1: ソースコードを作成する

(一部: コンソールを使用した AWS CodeBuild の開始方法

このステップでは、CodeBuild が出力バケットにビルドするソースコードを作成します。このソースコードは 2 つの Java クラスファイルと Apache Maven プロジェクトオブジェクトモデル (POM) ファイルで構成されています。

  1. ローカルコンピュータまたはインスタンスの空のディレクトリに、このディレクトリ構造を作成します。

    (root directory name) `-- src |-- main | `-- java `-- test `-- java
  2. 任意のテキストエディタを使用して、このファイルを作成し、MessageUtil.java という名前を付けて、src/main/java ディレクトリに保存します。

    public class MessageUtil { private String message; public MessageUtil(String message) { this.message = message; } public String printMessage() { System.out.println(message); return message; } public String salutationMessage() { message = "Hi!" + message; System.out.println(message); return message; } }

    このクラスファイルは、渡された文字列を出力として作成します。MessageUtil コンストラクタは、文字列を設定します。printMessage メソッドは出力を作成します。salutationMessage メソッドが Hi! を出力した後に文字列が続きます。

  3. このファイルを作成し、TestMessageUtil.java という名前を付けて、/src/test/java ディレクトリに保存します。

    import org.junit.Test; import org.junit.Ignore; import static org.junit.Assert.assertEquals; public class TestMessageUtil { String message = "Robert"; MessageUtil messageUtil = new MessageUtil(message); @Test public void testPrintMessage() { System.out.println("Inside testPrintMessage()"); assertEquals(message,messageUtil.printMessage()); } @Test public void testSalutationMessage() { System.out.println("Inside testSalutationMessage()"); message = "Hi!" + "Robert"; assertEquals(message,messageUtil.salutationMessage()); } }

    このクラスファイルは message クラスの MessageUtil 変数を Robert に設定します。その後、文字列 message および Robert が出力に表示されているかどうかを調べることによって、Hi!Robert 変数が正常に設定されたかどうかを調べます。

  4. このファイルを作成し、pom.xml という名前を付けて、ルート (最上位) ディレクトリに保存します。

    <project xmlns="http://maven.apache.org/POM/4.0.0" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xsi:schemaLocation="http://maven.apache.org/POM/4.0.0 http://maven.apache.org/maven-v4_0_0.xsd"> <modelVersion>4.0.0</modelVersion> <groupId>org.example</groupId> <artifactId>messageUtil</artifactId> <version>1.0</version> <packaging>jar</packaging> <name>Message Utility Java Sample App</name> <dependencies> <dependency> <groupId>junit</groupId> <artifactId>junit</artifactId> <version>4.11</version> <scope>test</scope> </dependency> </dependencies> <build> <plugins> <plugin> <groupId>org.apache.maven.plugins</groupId> <artifactId>maven-compiler-plugin</artifactId> <version>3.8.0</version> </plugin> </plugins> </build> </project>

    Apache Maven では、このファイルの指示に従って、MessageUtil.java および TestMessageUtil.java ファイルを messageUtil-1.0.jar という名前のファイルに変換し、指定されたテストを実行します。

この時点で、ディレクトリ構造は次のようになります。

(root directory name) |-- pom.xml `-- src |-- main | `-- java | `-- MessageUtil.java `-- test `-- java `-- TestMessageUtil.java

次のステップ

ステップ 2: buildspec ファイルを作成する