ステップ 4: ソースコードと buildspec ファイルをアップロードする - AWS CodeBuild

ステップ 4: ソースコードと buildspec ファイルをアップロードする

(前のステップ: ステップ 3: 2 つの S3 バケットを作成する)

このステップでは、入力バケットにソースコードとビルド仕様ファイルを追加します。

オペレーティングシステムの zip ユーティリティを使用して、MessageUtil.zipMessageUtil.javaTestMessageUtil.java、および pom.xml を含む buildspec.yml という名前のファイルを作成します。

MessageUtil.zip ファイルのディレクトリ構造は、次のようになっている必要があります。

MessageUtil.zip |-- pom.xml |-- buildspec.yml `-- src |-- main | `-- java | `-- MessageUtil.java `-- test `-- java `-- TestMessageUtil.java
重要

(root directory name) ディレクトリを含めないでください。(root directory name) ディレクトリ内のディレクトリとファイルのみを含めます。

MessageUtil.zip ファイルを codebuild-region-ID-account-ID-input-bucket という名前の入力バケットにアップロードします。

重要

CodeCommit、GitHub、および Bitbucket の各リポジトリでは、規約に従って、buildspec.yml というビルド仕様ファイルを各リポジトリのルート (最上位) に保存するか、ビルド仕様宣言をビルドプロジェクト定義の一部として含める必要があります。リポジトリのソースコードとビルド仕様ファイルを含む ZIP ファイルを作成しないでください。

S3 バケットに保存されたビルド入力に限り、ソースコードおよび規約に基づく buildspec.yml というビルド仕様ファイルを圧縮した ZIP ファイルをルート(最上位)に作成するか、ビルド仕様宣言をビルドプロジェクト定義の一部として含める必要があります。

ビルド仕様ファイルに別の名前を使用するか、ルート以外の場所でビルド仕様を参照する場合は、ビルドプロジェクト定義の一部としてビルド仕様の上書きを指定できます。詳細については、「buildspec ファイル名とストレージの場所」を参照してください。

次のステップ

ステップ 5: ビルドプロジェクトを作成する