テストファイルの指定 - AWS CodeBuild

テストファイルの指定

ビルドプロジェクトの buildspec ファイルの reports セクションで、各レポートグループのテスト結果ファイルとその場所を指定します。詳細については、「Reports syntax in the buildspec file」を参照してください。

以下は、ビルドプロジェクトの 2 つのレポートグループを指定するサンプル reports セクションです。1 つは ARN で指定され、もう 1 つは名前で指定されます。files セクションでは、テストケースの結果を含むファイルを指定します。オプション base-directory セクションでは、テストケースファイルがあるディレクトリを指定します。オプション discard-paths セクションでは、Amazon S3 バケットにアップロードされたテスト結果ファイルへのパスを破棄するかどうかを指定します。

reports: arn:aws:codebuild:your-region:your-aws-account-id:report-group/report-group-name-1: #surefire junit reports files: - '**/*' base-directory: 'surefire/target/surefire-reports' discard-paths: false sampleReportGroup: #Cucumber reports from json plugin files: - 'cucumber-json/target/cucumber-json-report.json' file-format: CUCUMBERJSON #Type of the report, defaults to JUNITXML