テストファイルの指定 - AWS CodeBuild

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

テストファイルの指定

ビルドプロジェクトの buildspec ファイルの reports セクションで、各レポートグループのテスト結果ファイルとその場所を指定します。詳細については、「Reports syntax in the buildspec file」を参照してください。

以下は、ビルドプロジェクトの 2 つのレポートグループを指定するサンプル reports セクションです。1 つは ARN で指定され、もう 1 つは名前で指定されます。files セクションでは、テストケースの結果を含むファイルを指定します。オプション base-directory セクションでは、テストケースファイルがあるディレクトリを指定します。オプションのdiscard-pathsセクションでは、Amazon S3 バケットにアップロードされたテスト結果ファイルへのパスを破棄するかどうかを指定します。

reports: arn:aws:codebuild:your-region:your-aws-account-id:report-group/report-group-name-1: #surefire junit reports files: - '**/*' base-directory: 'surefire/target/surefire-reports' discard-paths: false sampleReportGroup: #Cucumber reports from json plugin files: - 'cucumber-json/target/cucumber-json-report.json' file-format: CUCUMBERJSON #Type of the report, defaults to JUNITXML