AWS CodeBuild
ユーザーガイド (API バージョン 2016-10-06)

このガイドの手順では、新しいコンソールデザインがサポートされています。古いバージョンのコンソールを選択すると、古い概念が反映され、本ガイドの基本的な手順がそのまま適用されます。新しいコンソールのヘルプにアクセスするには、情報アイコンを選択します。

AWS CodeBuild の GitHub プルリクエストサンプル

AWS CodeBuild は、ソースリポジトリが GitHub の場合、ウェブフックをサポートするようになりました。つまり、ソースコードがプライベート GitHub リポジトリに保存されている AWS CodeBuild ビルドプロジェクトでは、ウェブフックを使用することで、コード変更がプライベートリポジトリにプッシュされるたびに AWS CodeBuild がソースコードを自動的に再構築できるようになります。

GitHub をソースリポジトリとして使用してビルドプロジェクトを作成し、ウェブフックを有効にする (コンソール)

  1. [ソース] で、[ソースプロバイダ] として [GitHub] を選択します。手順に従って GitHub に接続 (または再接続) し、[Authorize (承認)] を選択します。

    [Additional configuration (追加設定)] を展開します。

    [ウェブフック] で、[Rebuild every time a code change is pushed to this repository (コードの変更がこのレポジトリにプッシュされるたびに再構築する)] を選択します。このチェックボックスは、[GitHub アカウントのリポジトリ] を選択した場合のみオンにできます。

  2. [Additional configuration (追加設定)] オプションを展開し、必要に応じてオプションを設定します。

  3. [Create build project (ビルドプロジェクトの作成)] を選択します。[確認] ページで、[ビルドの開始] を選択してビルドを実行します。

検証チェック

  1. [AWS CodeBuild プロジェクト] ページで [プロジェクト詳細] を選択し、[ウェブフック] URL リンクを選択します。

  2. GitHub リポジトリの [Settings] ページの [Webhooks] で、[Pull Request] と [Push] が選択されていることを確認します。

  3. GitHub の [Accounts (アカウント)]、[Settings (設定)]、[Authorized OAuth Apps (認定された OAuth アプリ)] に、承認された AWS CodeBuild リージョンが表示されます。