メニュー
AWS CodeBuild
ユーザーガイド (API バージョン 2016-10-06)

AWS CodeBuild の「5 分で Maven」サンプル

Maven サンプルは my-app-1.0-SNAPSHOT.jar という単一の JAR ファイルをビルド出力として生成します。このサンプルは、Apache Maven ウェブサイトの「5 分で Maven」トピックに基づいています。

重要

このサンプルを実行すると、AWS アカウントに課金される場合があります。これには、AWS CodeBuild および Amazon S3、AWS KMS、CloudWatch Logs に関連する AWS リソースおよびアクションの料金が含まれます。詳細については、「AWS CodeBuild 料金表」、「Amazon S3 料金表」、「AWS Key Management Service 料金表」、「Amazon CloudWatch 料金表」を参照してください。

サンプルの実行

このサンプルを実行するには。

  1. Maven をダウンロードし、インストールします。詳細については、Apache Maven ウェブサイトの「Apache Maven のダウンロード」および「Apache Maven のインストール」を参照してください。

  2. ローカルコンピュータまたはインスタンスの空のディレクトリに切り替えて、この Maven コマンドを実行します。

    mvn archetype:generate -DgroupId=com.mycompany.app -DartifactId=my-app -DarchetypeArtifactId=maven-archetype-quickstart -DinteractiveMode=false

    成功すると、このディレクトリ構造とファイルが作成されます。

    (root directory name) `-- my-app |-- pom.xml `-- src |-- main | `-- java | `-- com | `-- mycompany | `-- app | `-- App.java `-- test `-- java `-- com `-- mycompany `-- app `-- AppTest.java
  3. このコンテンツを含むファイルを作成します。ファイルに buildspec.yml という名前を付け、それを (root directory name)/my-app ディレクトリに追加します。

    version: 0.2 phases: build: commands: - echo Build started on `date` - mvn test post_build: commands: - echo Build completed on `date` - mvn package artifacts: files: - target/my-app-1.0-SNAPSHOT.jar

    完了したら、ディレクトリ構造およびファイルは次のようになります。

    (root directory name) `-- my-app |-- buildspec.yml |-- pom.xml `-- src |-- main | `-- java | `-- com | `-- mycompany | `-- app | `-- App.java `-- test `-- java `-- com `-- mycompany `-- app ` -- AppTest.java
  4. my-app ディレクトリのこの内容を、Amazon S3 入力バケットまたは AWS CodeCommit、GitHub、または Bitbucket リポジトリにアップロードします。

    重要

    (root directory name) または (root directory name)/my-app をアップロードしないでください。アップロードするのは、(root directory name)/my-app の中のディレクトリとファイルだけです。

    Amazon S3 入力バケットを使用している場合は、ディレクトリ構造とファイルを含む ZIP ファイルを作成してから、入力バケットにアップロードしてください。(root directory name) または (root directory name)/my-app を ZIP ファイルに追加しないでください。追加するのは、(root directory name)/my-app の中のディレクトリとファイルだけです。

  5. AWS CodeBuild を直接実行する」の手順に従ってビルドプロジェクトを作成し、ビルドを実行して、関連するビルド情報を表示します。

    AWS CLI を使用してビルドプロジェクトを作成する場合、create-project コマンドへの JSON 形式の入力は次のようになります。(プレースホルダは独自の値に置き換えてください。)

    { "name": "sample-maven-in-5-minutes-project", "source": { "type": "S3", "location": "codebuild-region-ID-account-ID-input-bucket/MavenIn5MinutesSample.zip" }, "artifacts": { "type": "S3", "location": "codebuild-region-ID-account-ID-output-bucket", "packaging": "ZIP", "name": "MavenIn5MinutesOutputArtifact.zip" }, "environment": { "type": "LINUX_CONTAINER", "image": "aws/codebuild/java:openjdk-8", "computeType": "BUILD_GENERAL1_SMALL" }, "serviceRole": "arn:aws:iam::account-ID:role/role-name", "encryptionKey": "arn:aws:kms:region-ID:account-ID:key/key-ID" }
  6. ビルド出力アーティファクトを取得するには、Amazon S3 出力バケットを開きます。

  7. MavenIn5MinutesOutputArtifact.zip ファイルをローカルコンピュータまたはインスタンスへダウンロードし、MavenIn5MinutesOutputArtifact.zip ファイルの内容を抽出します。抽出された内容で [target] フォルダを開き、my-app-1.0-SNAPSHOT.jar ファイルを取得します。

関連リソース

このページの内容: