AWS CodeBuild
ユーザーガイド (API バージョン 2016-10-06)

AWS CodeBuild ユースケースベースのサンプル

AWS CodeBuild を試用するために、これらのユースケースベースのサンプルを使用できます。

名前 説明
Amazon ECR サンプル Amazon ECR リポジトリの Docker イメージを使用して、Apache Maven を使用して単一の JAR ファイルを生成します。
Docker サンプル Docker をサポートする AWS CodeBuild に用意されているビルドイメージを使用して Apache Maven の Docker イメージを生成します。Docker イメージを Amazon ECR のリポジトリにプッシュします。このサンプルを適応させて、Docker イメージを Docker Hub にプッシュすることもできます。
GitHub Enterprise のサンプル コード変更がリポジトリにプッシュされるたびにソースコードを自動的に再構築するには、証明書がインストールされてウェブフックが有効化された状態で、GitHub Enterprise をソースリポジトリとする AWS CodeBuild を使用します。
GitHub プルリクエストサンプル GitHub をソースリポジトリとする AWS CodeBuild を使用し、ウェブフックを有効にして、コード変更がリポジトリにプッシュされるたびにソースコードを再構築します。
AWS CodeBuild サンプルを使用した AWS Config AWS Config を設定する方法を示します。追跡対象の AWS CodeBuild リソースを一覧表示し、AWS Config で AWS CodeBuild プロジェクトを検索する方法について説明します。
Amazon S3 バケットのホストビルド出力 暗号化されていないビルド成果物を使用して Amazon S3 バケットに静的なウェブサイトを作成する方法を示します。
複数の入力ソースと出力アーティファクトサンプル ビルドプロジェクトで複数の入力ソースと複数の出力アーティファクトを使用する方法を示します。
AWS CodePipeline と複数の入力ソースおよび出力アーティファクトサンプルとの AWS CodeBuild の統合 AWS CodePipeline を使用して、複数の入力ソースと複数の出力アーティファクトを含むビルドを作成する方法を示します。
ビルドバッジサンプル ビルドバッジを使用して AWS CodeBuild を設定する方法を示します。
セマンティックバージョニングを使用してビルドアーティファクトのサンプルに名前を付ける セマンティックバージョニングを使用して、ビルド時にアーティファクト名を作成する方法を示します。
ビルド通知サンプル Apache Maven を使用して単一の JAR ファイルを生成します。Amazon SNS トピックのサブスクライバーにビルド通知を送信します。
カスタム Docker イメージのサンプル カスタム Docker イメージを使用して Docker イメージを生成します。
AWS CodeDeploy サンプル Apache Maven を使用して単一の JAR ファイルを生成します。AWS CodeDeploy を使用して、Amazon Linux インスタンスに JAR ファイルをデプロイします。AWS CodePipeline を使用して、サンプルをビルドおよびデプロイすることもできます。
AWS Lambda サンプル AWS CodeBuild 、Lambda、AWS CloudFormation、および AWS CodePipeline を使用して、AWS サーバーレスアプリケーションモデル (AWS SAM) 標準に準拠したサーバーレスアプリケーションをビルドおよびデプロイします。
Elastic Beanstalk サンプル Apache Maven を使用して単一の WAR ファイルを生成します。Elastic Beanstalk を使用して Elastic Beanstalk インスタンスに WAR ファイルをデプロイします。