の開発環境 CodeCatalyst - Amazon CodeCatalyst

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

の開発環境 CodeCatalyst

開発環境はクラウドベースの開発環境です。Amazon では CodeCatalyst、Dev Environments を使用してプロジェクトのソースリポジトリに保存されているコードを操作します。開発環境を作成する場合、いくつかの選択肢があります。

  • CodeCatalyst プロジェクト固有の開発環境を作成して、サポートされている統合開発環境 (IDE) でコードを操作します。

  • 空の Dev Environment を作成し、ソースリポジトリからコードを複製して、サポートされている IDE でそのコードを処理します。

  • IDE で開発環境を作成し、ソースリポジトリを開発環境に複製します。

開発ファイルは、開発環境を標準化するオープンスタンダード YAML ファイルです。つまり、このファイルは開発環境に必要な開発ツールを体系化したものです。その結果、開発環境のセットアップ、プロジェクトの切り替え、開発環境設定のチームメンバーへの複製を迅速に行うことができます。開発環境は、特定のプロジェクトのコーディング、テスト、デバッグに必要なすべてのツールを設定する開発ファイルを使用するため、ローカル開発環境の作成と保守に費やす時間を最小限に抑えることができます。

Dev Environment に含まれるプロジェクトツールとアプリケーションライブラリは、プロジェクトのソースリポジトリにある devfile によって定義されます。ソースリポジトリに devfile がない場合は、デフォルトの devfile CodeCatalyst が自動的に適用されます。このデフォルト devfile には、最も頻繁に使用されるプログラミング言語とフレームワーク用のツールが含まれています。ブループリントを使用してプロジェクトを作成した場合、開発ファイルはによって自動的に作成されます。 CodeCatalyst開発ファイルの詳細については、https://devfile.io を参照してください。

開発環境を作成すると、その環境にアクセスできるのは自分だけです。開発環境では、サポートされている IDE でソースリポジトリのコードを表示して作業できます。

デフォルトでは、開発環境は 2 コアのプロセッサ、4 GB の RAM、16 GB の永続ストレージを搭載するように設定されています。スペース管理者権限を持っている場合は、スペースの請求範囲を変更してさまざまな Dev Environment 設定オプションを使用したり、コンピューティングとストレージの制限を管理したりできます。開発環境で考えられるワークフローは 1 つです。

Akua MansaはExample Corpの新しい開発者で、Akuaはチームの製品の新バージョンがリリースされる直前に新しいチームに加わりました。Akua のチームは、次期バージョンの製品の新機能に速やかに取り組んでほしいと彼女に求めています。面倒なセットアッププロセスを避けるため、Akua はチームのプロジェクトへの招待を受け入れます。 CodeCatalyst 次に、関連する課題を自分自身に割り当て、チームのソースリポジトリの既存のブランチから Dev Environment を作成します。Akua の開発環境は、選択した IDE でソースリポジトリのコードを開きます。開いた IDE インスタンスは、自動的に識別され適用された devfile を含む彼女の開発環境に接続されます。開発ファイルには、彼女が作業を開始するのに必要なツールがすべて指定されています。Akua は新製品機能のコードを記述し、コードの変更をコミットし、変更を既存のブランチにプッシュし、作業が完了したら Dev Environment を削除します。Akua は、時間のかかるセットアッププロセスなしに、新しいチームのソースリポジトリにコードを提供しました。