Amazon ECS サービスデプロイ用のアプリケーションを作成 (コンソール) - AWS CodeDeploy

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon ECS サービスデプロイ用のアプリケーションを作成 (コンソール)

CodeDeploy コンソールを使用して Amazon ECS サービスデプロイ用のアプリケーションを作成できます。

  1. AWS Management Consoleにサインインし、https://console.aws.amazon.com/codedeploy CodeDeploy にあるコンソールを開きます。

    注記

    CodeDeploy の開始方法設定したのと同じユーザーでサインインします。

  2. ナビゲーションペインで [デプロイ] を展開して [ご利用開始にあたって] を選択します。

  3. アプリケーションの作成」ページで「使用」を選択します CodeDeploy。

  4. [アプリケーション名] に、アプリケーションの名前を入力します。

  5. コンピューティングプラットフォームから、Amazon ECS を選択します。

  6. [Create application] を選択します。

  7. アプリケーションのページで、[デプロイグループ] タブの [デプロイグループの作成] を選択します。Amazon ECS デプロイのデプロイグループを作成するために必要なものの詳細については、「Amazon ECS デプロイを開始する前に」を参照してください。

  8. [デプロイグループ名] に、デプロイグループを表す名前を入力します。

    注記

    他のデプロイグループで使用されているのと同じ設定 (デプロイグループ名、タグ、 グループ名、デプロイ設定など) を使用する場合は、このページでこれらの設定を選択します。この新しいグループと既存のグループは同じ名前かもしれませんが、それぞれが別のアプリケーションに関連付けられているため、 CodeDeploy 別々のデプロイグループとして扱われます。

  9. [サービスロール] で、Amazon ECS CodeDeploy へのアクセスを許可するサービスロールを選択します。詳細については、「ステップ 2: のサービスロールを作成する CodeDeploy」を参照してください。

  10. ロードバランサーの名前 から、Amazon ECS サービスにトラフィックを提供するロードバランサーの名前を選択します。

  11. [本稼働リスナーポート] から、Amazon ECS サービスへの本稼働トラフィックを提供するリスナーのポートとプロトコルを選択します。

  12. (オプション) テストリスナーポート から、デプロイ時に Amazon ECS サービス内の置き換えタスクセットにトラフィックを処理するテストリスナーのポートとプロトコルを選択します。フック中に実行される Lambda AppSpec 関数をファイルに 1 つ以上指定できます。AfterAllowTestTrafficこの関数は、検証テストを実行できます。検証テストが失敗すると、デプロイのロールバックが発生します。検証テストに成功すると、デプロイのライフサイクルの次のフック BeforeAllowTraffic がトリガーされます。テストリスナーポートが指定されていない場合、AfterAllowTestTraffic フック中は何も起こりません。詳細については、「AppSpec Amazon ECS デプロイの「フック」セクション」を参照してください。

  13. [ターゲットグループ 1 名] と [ターゲットグループ 2 名] から、デプロイ中にトラフィックをルーティングするために使用するターゲットグループを選択します。 CodeDeploy 1 つのターゲットグループを Amazon ECS サービスの元のタスクセットにバインドし、もう 1 つのターゲットグループを代替タスクセットにバインドします。詳細については、「Application Load Balancer のターゲットグループ」を参照してください。

  14. [トラフィックをすぐに再ルーティングする] または [トラフィックを再ルーティングするタイミングを指定する] を選択し、更新された Amazon ECS サービスにトラフィックを再ルーティングするタイミングを決定します。

    [トラフィックをすぐに再ルーティングする] を選択すると、置き換えタスクセットがプロビジョニングされた後、デプロイによってトラフィックが自動的に再ルーティングされます。

    [トラフィックを再ルーティングするタイミングを指定する] を選択すると、置き換えタスクセットが正常にプロビジョニングされてから待機する日数、時間、分を選択します。この待機時間中に、 AppSpec ファイルに指定された Lambda 関数の検証テストが実行されます。トラフィックが再ルーティングされる前に待機時間が終了した場合、デプロイステータスは Stopped に変更されます。

  15. 元のリビジョンの終了 では、デプロイが成功してからAmazon ECS サービスの元のタスクセットが終了するまで待機する日数、時間、分数を選択します。

  16. (オプション) Advanced では、Amazon SNS 通知トリガー、Amazon CloudWatch アラーム、自動ロールバックなど、デプロイに含めたいオプションを設定します。

    詳細については、「デプロイグループの詳細オプションの設定」を参照してください。