AWS Lambda 関数デプロイ用のアプリケーションを作成 (コンソール) - AWS CodeDeploy

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS Lambda 関数デプロイ用のアプリケーションを作成 (コンソール)

CodeDeploy コンソールを使用して、AWS Lambda関数をデプロイするためのアプリケーションを作成できます。

  1. AWS Management Consoleにサインインし、https://console.aws.amazon.com/codedeploy CodeDeploy にあるコンソールを開きます。

    注記

    CodeDeploy の開始方法設定したのと同じユーザーでサインインします。

  2. ナビゲーションペインで [デプロイ] を展開して [ご利用開始にあたって] を選択します。

  3. アプリケーションの作成」ページで「使用」を選択します CodeDeploy。

  4. [アプリケーション名] にアプリケーションの名前を入力します。

  5. [Compute platform (コンピューティングプラットフォーム)] で [AWS Lambda] を選択します。

  6. [Create application] を選択します。

  7. アプリケーションのページで、[デプロイグループ] タブの [デプロイグループの作成] を選択します。

  8. [デプロイグループ名] に、デプロイグループを表す名前を入力します。

    注記

    他のデプロイグループで使用されているのと同じ設定 (デプロイグループ名、タグ、 グループ名、デプロイ設定など) を使用する場合は、このページでこれらの設定を選択します。この新しいデプロイグループと既存のデプロイグループは同じ名前かもしれませんが、それぞれが別のアプリケーションに関連付けられているため、 CodeDeploy 別々のデプロイグループとして扱われます。

  9. [サービスロール] で、AWS Lambda へのアクセス権を CodeDeploy に付与するサービスロールを選択します。詳細については、「ステップ 2: のサービスロールを作成する CodeDeploy」を参照してください。

  10. 事前定義済みのデプロイ設定を使用する場合は、[デプロイ設定] から 1 つを選択し、ステップ 12 に進みます。カスタム設定を作成するには、次のステップに進みます。

    デプロイ設定の詳細については、AWS Lambda コンピューティングプラットフォームのデプロイ設定 を参照してください。

  11. カスタム設定を作成するには、[デプロイ設定の作成] を選択し、以下の操作を行います。

    1. [デプロイ設定名] に、設定の名前を入力します。

    2. [タイプ] で、設定タイプを選択します。[Canary] を選択すると、トラフィックは 2 回の増分で移行されます。[Linear] を選択すると、トラフィックは毎回同じ間隔 (分) の等しい増分で移行します。

    3. [Step] に、移行するトラフィックの割合を 1~99 で入力します。設定タイプが [Canary] の場合、この値は最初の増分で移行されるトラフィックの割合を示します。残りのトラフィックは、2 回目の増分で、選択した間隔後に移行されます。設定タイプが [Linear] の場合、この値は各間隔の開始時に移行されるトラフィックの割合を示します。

    4. [Interval (間隔)] に、時間 (分数) を入力します。設定タイプが [Canary] の場合、この値は最初と 2 回目のトラフィック移行の時間 (分) を示します。設定タイプが [Linear (リニア)] の場合、この値は各増分の移行間の時間 (分) を示します。

      注記

      AWS Lambda デプロイの最大時間は、2 日間または 2,880 分です。したがって、Canary 設定の [Interval] に指定された最大値は、2,800 分です。リニア設定の最大値は、[Step] の値によって異なります。たとえば、トラフィックのリニア移行のステップの割合が 25% の場合、トラフィック移行は 4 回です。最大間隔値は、2,880 を 4 で割るか、720 分になります。

    5. [Create deployment configuration (デプロイ設定の作成)] を選択します。

  12. (オプション) Advanced では、Amazon SNS 通知トリガー、Amazon CloudWatch アラーム、自動ロールバックなど、デプロイに含めたいオプションを設定します。

    詳細については、「デプロイグループの詳細オプションの設定」を参照してください。

  13. [Create deployment group] (デプロイグループの作成) を選択します。