AWS CodeDeploy
ユーザーガイド (API バージョン 2014-10-06)

Amazon S3 バケットに格納されているリビジョンについての情報を指定します

EC2/オンプレミス コンピューティングプラットフォームを選択します。 のデプロイの作成 (コンソール)」の手順を使用している場合は、以下のステップに従って Amazon S3 バケットに保存されているアプリケーションリビジョンの詳細を追加してください。

  1. リビジョンの Amazon S3 リンクを [リビジョンの場所] ボックスにコピーします。リンク値を確認するには。

    1. 別のブラウザタブで

      AWS マネジメントコンソール にサインインし、Amazon S3 コンソール (https://console.aws.amazon.com/s3/) を開きます。

      リビジョンを参照して選択します。

    2. [Properties] ペインが表示されていない場合、[Properties] ボタンを選択します。

    3. [プロパティ] ペインで、[リンク] フィールドの値を CodeDeploy コンソールの [リビジョンの場所] ボックスにコピーします。

    ETag (ファイルチェックサム) をリビジョンの場所の一部として指定するには。

    • [リンク] フィールド値が ?versionId=versionId で終わる場合、&etag= および ETag を [リンク] フィールド値の末尾に追加します。

    • [リンク] フィールド値がバージョン ID を指定していない場合、?etag= および ETag を [リンク] フィールド値の末尾に追加します。

    注記

    [Link] フィールドの値をコピーするように簡単ではありませんが、次のいずれかの形式でリビジョンの場所を入力することもできます。

    s3://bucket-name/folders/objectName

    s3://bucket-name/folders/objectName?versionId=versionId

    s3://bucket-name/folders/objectName?etag=etag

    s3://bucket-name/folders/objectName?versionId=versionId&etag=etag

    bucket-name.s3.amazonaws.com/folders/objectName

  2. [File type] リストに、ファイル形式を検出できないというメッセージが表示された場合は、リビジョンのファイル形式を選択します。それ以外の場合は、検出されたファイル形式を使用します。