を使用した Amazon ECS Blue/Green デプロイの作成AWS CloudFormation - AWS CodeDeploy

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

を使用した Amazon ECS Blue/Green デプロイの作成AWS CloudFormation

次を使用できます。AWS CloudFormationを使用して、CodeDeploy による Amazon ECS ブルー/グリーンデプロイを管理します。デプロイを生成するには、Green と Blue のリソースを定義し、AWS CloudFormation で使用するトラフィックルーティングと安定化の設定を指定します。このトピックでは、CodeDeploy によって管理される Amazon ECS ブルー/グリーンデプロイとAWS CloudFormation。

使用手順については、AWS CloudFormationAmazon ECS Blue/Green デプロイの管理には、「」を参照してください。を使用して CodeDeploy による ECS ブルー/グリーンデプロイを自動化しますAWS CloudFormation()AWS CloudFormationユーザーガイド

注記

を使用した Amazon ECS Blue/Green デプロイの管理AWS CloudFormationは、アジアパシフィック (大阪) リージョンではご使用いただけません。

CodeDeploy による Amazon ECS ブルー/グリーンデプロイの違いAWS CloudFormation

-AWS CloudFormationスタックテンプレートは、Amazon ECS タスク関連リソースとインフラストラクチャ、さらにデプロイの設定オプションをモデル化します。したがって、標準の Amazon ECS ブルー/グリーンデプロイと、AWS CloudFormation。

標準の Amazon ECS ブルー/グリーンデプロイとは異なり、以下のモデル作成や手動作成は行いません。

  • AWS CodeDeploy アプリケーションを作成するときは、デプロイするものを個別に表す名前を指定しません。

  • AWS CodeDeploy デプロイグループは作成しません。

  • 指定しません。アプリケーション仕様ファイル(AppSpec ファイル)。通常、AppSpec ファイルで管理される情報 (加重設定オプションやライフサイクルイベントなど) は、AWS::CodeDeploy::BlueGreen フックによって管理されます。

この表は、デプロイタイプ間の高レベルのワークフローの違いをまとめたものです。

関数 標準 Blue/Green デプロイ AWS CloudFormation を使用した Blue/Green デプロイ
Amazon ECS クラスター、Amazon ECS サービス、アプリケーションロードバランサーまたはNetwork Load Balancer、本稼働リスナー、および 2 つのターゲットグループを指定します。 これらのリソースを指定する CodeDeploy デプロイグループを作成します。 これらのリソースをモデル化する AWS CloudFormation テンプレートを作成します。
デプロイする変更を指定します。 CodeDeploy アプリケーションを作成します。 コンテナイメージを指定する AWS CloudFormation テンプレートを作成します。
Amazon ECS タスク定義、コンテナ名、コンテナポートを指定します。 これらのリソースを指定する AppSpec ファイルを作成します。 これらのリソースをモデル化する AWS CloudFormation テンプレートを作成します。
デプロイトラフィックシフトオプションとライフサイクルイベントフックを指定します。 これらのオプションを指定する AppSpec ファイルを作成します。 AWS::CodeDeploy::BlueGreen フックパラメータを使用してこれらのオプションを指定する AWS CloudFormation テンプレートを作成します。

CloudWatch アラーム。

ロールバックをトリガーする CloudWatch アラームを作成します。

CloudWatch アラームをAWS CloudFormationロールバックをトリガーするスタックレベル。

ロールバック/再デプロイ。 ロールバックおよび再デプロイのオプションを指定します。 AWS CloudFormation でスタックの更新をキャンセルします。

を使用した Amazon ECS Blue/Green デプロイのモニタリングAWS CloudFormation

Blue/Green デプロイは、AWS CloudFormationと CodeDeploy を介したモニタリングについては、AWS CloudFormation詳細については、を参照してください。でのBlue/Green イベントのモニタリングAWS CloudFormation()AWS CloudFormationユーザーガイド

CodeDeploy のBlue/Green デプロイステータスを表示するには

  1. にサインインします。AWS Management Consoleにアクセスして、CodeDeploy コンソールをhttps://console.aws.amazon.com/codedeploy

    注記

    で使用したのと同じアカウントまたは IAM ユーザー情報でサインインします。CodeDeploy の使用開始

  2. [デプロイ] に、AWS CloudFormation スタックの更新によってトリガーされたデプロイが表示されます。デプロイを選択して、[デプロイ履歴] を表示します。

    
                            デプロイセクションとデプロイ履歴を示すコンソールのスクリーンショット。
  3. デプロイを選択して、トラフィックシフトステータスを表示します。アプリケーションおよびデプロイグループは作成されないことに注意してください。

    
                            デプロイステータスが完了のデプロイの詳細を示すコンソールのスクリーンショット。
  4. デプロイのロールバックまたは停止には、次のことが適用されます。

    • 成功したデプロイは CodeDeploy に表示され、デプロイがAWS CloudFormation。

    • デプロイを停止してロールバックする場合は、AWS CloudFormation でスタックの更新をキャンセルする必要があります。