のログデータを表示 CodeDeploy EC2/オンプレミス 展開 - AWS CodeDeploy

のログデータを表示 CodeDeploy EC2/オンプレミス 展開

によって作成されたログ データを表示できます。 CodeDeploy セットアップして Amazon CloudWatch Logs エージェントを使用して、 CloudWatch 個々のインスタンスにログインし、ログファイルを確認します。

注記

ログは次に対してサポートされていません: AWS Lambda または Amazon ECS 展開。これらは、次の目的で作成できます。 EC2/オンプレミス 展開のみ。

ログ ファイル データの表示 Amazon CloudWatch コンソール

が Amazon CloudWatch Logs エージェントがインスタンスにインストールされている場合、そのインスタンスに対するすべてのデプロイメントのデプロイメント ログ データは、 CloudWatch コンソール。分かりやすいように、インスタンス別に表示するのではなく、Amazon CloudWatch Logs を使用してログファイルを集中的にモニタリングすることをお勧めします。設定の詳細については、 Amazon CloudWatch Logs agent、を参照 表示 CodeDeploy ログイン CloudWatch Logs コンソール.

インスタンスのログ ファイルの表示

個別のインスタンスのデプロイログデータを表示するには、インスタンスにサインインして、エラーや他のデプロイイベントに関する情報を参照します。

のデプロイメント ログ ファイルを表示するには Amazon Linux、 RHEL、および Ubuntu Server インスタンス

オン Amazon Linux、 RHEL、および Ubuntu Server 導入ログは次の場所に保存されます。

/opt/codedeploy-agent/deployment-root/deployment-logs/codedeploy-agent-deployments.log

展開ログを表示または分析するには Amazon Linux、 RHEL、および Ubuntu Server インスタンスでインスタンスにサインインし、次のコマンドを入力して、 CodeDeploy エージェント ログ ファイル:

less /var/log/aws/codedeploy-agent/codedeploy-agent.log

エラーメッセージのログファイルを参照するには、次のコマンドを入力します。

コマンド: 結果:
& ERROR ログファイルでエラーメッセージのみを表示します。 という単語の前後に 1 つのスペースを使用します。ERROR.
/ ERROR 次のエラーメッセージを検索します。¹
? ERROR 前のエラーメッセージを検索します。² という単語の前後に 1 つのスペースを使用します。ERROR.
G ログファイルの末尾に移動します。
g ログファイルの先頭に移動します。
q ログファイルを終了します。
h 追加のコマンドについて参照します。

¹ 入力後 / ERROR 、タイプ n 次のエラーメッセージを表示します。前のエラーメッセージを検索するには、N と入力します。

² 入力後 ? ERROR 、タイプ n 次のエラー メッセージの、またはタイプ N 前のエラー メッセージの。

また、次のコマンドを入力して CodeDeploy スクリプトのログファイルを開くこともできます。

less /opt/codedeploy-agent/deployment-root/deployment-group-ID/deployment-ID/logs/scripts.log

エラーメッセージのログファイルを参照するには、次のコマンドを入力します。

コマンド: 結果:
&stderr ログファイルでエラーメッセージのみを表示します。
/stderr 次のエラーメッセージを検索します。¹
?stderr 前のエラーメッセージを検索します。²
G ログファイルの末尾に移動します。
g ログファイルの先頭に移動します。
q ログファイルを終了します。
h 追加のコマンドについて参照します。

¹入力後 /stderr、タイプ n 次のエラーメッセージを転送します。前のエラーメッセージを後方に検索するには、 N と入力します。

² 入力後 ?stderr、タイプ n 次のエラー メッセージが逆向きに表示されます。前のエラーメッセージを前方に検索するには、N と入力します。

のデプロイメント ログ ファイルを表示するには Windows Server インスタンス

CodeDeploy エージェント ログ ファイル: オン Windows Server インスタンス、 CodeDeploy エージェント ログ ファイルは次の場所に保存されます。

C:\ProgramData\Amazon\CodeDeploy\log\codedeploy-agent-log.txt

を表示または分析するには CodeDeploy エージェント ログ ファイル Windows Server インスタンスでインスタンスにサインインし、次のコマンドを入力してファイルを開きます。

notepad C:\ProgramData\Amazon\CodeDeploy\log\codedeploy-agent-log.txt

ログファイルでエラーメッセージを参照するには、Ctrl+F キーを押し、ERROR [ と入力してから、Enter キーを押して最初のエラーを見つけます。

CodeDeploy スクリプト ログ ファイル: オン Windows Server 導入ログは次の場所に保存されます。

C:\ProgramData\Amazon\CodeDeploy\deployment-group-id\deployment-id\logs\scripts.log

各パラメータの意味は次のとおりです。

  • deployment-group-id は のような文字列です examplebf3a9c7a-7c19-4657-8684-b0c68d0cd3c4

  • deployment-id は、 d-12EXAMPLE

次のコマンドを入力して CodeDeploy スクリプトのログファイルを開きます。

notepad C:\ProgramData\Amazon\CodeDeploy\deployment-group-ID\deployment-ID\logs\scripts.log

ログファイルでエラーメッセージを参照するには、Ctrl+F キーを押し、stderr と入力してから、Enter キーを押して最初のエラーを見つけます。