CodeDeploy での CloudWatch アラームを使用したデプロイのモニタリング - AWS CodeDeploy

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

CodeDeploy での CloudWatch アラームを使用したデプロイのモニタリング

CodeDeploy オペレーションで使用しているインスタンスまたは Amazon EC2 Auto Scaling グループに対して CloudWatch アラームを作成できます。アラームは、指定期間にわたって単一のメトリクスを監視し、その値と複数期間に対するしきい値との比較結果に基づいて 1 つ以上のアクションを実行します。CloudWatch アラームは、状態が変化したときにアクションを呼び出します(たとえば、OKALARM).

ネイティブの CloudWatch アラーム機能では、デプロイで使用しているインスタンスが失敗したときに Amazon SNS 通知を送信したり、インスタンスを停止、終了、再起動、復旧したりするなど、CloudWatch でサポートされているアクションを指定できます。CodeDeploy オペレーションでは、デプロイグループに関連付けた CloudWatch アラームがアクティブ化されるたびにデプロイを停止するようにデプロイグループを設定できます。

最大 10 個の CloudWatch アラームを CodeDeploy デプロイグループに関連付けることができます。指定したアラームがアクティブ化した場合、デプロイは停止し、ステータスは [Stopped] に更新されます。このオプションを使用するには、CloudWatch アクセス許可を CodeDeploy サービスロールに対して付与する必要があります。

CloudWatch コンソールで CloudWatch アラームを設定する方法については、を参照してください。Amazon CloudWatch アラームの作成Amazon CloudWatch ユーザーガイド

CodeDeploy で CloudWatch アラームをデプロイグループに関連付ける方法については、を参照してください。でデプロイグループを作成する CodeDeployそしてCodeDeploy でデプロイグループの設定を変更する