AWS CodeDeploy
ユーザーガイド (API バージョン 2014-10-06)

CodeDeploy トリガーの JSON データの形式

デプロイまたはインスタンスのトリガーが、Amazon SQS キューへのメッセージの送信、または AWS Lambda での関数の呼び出しなどのカスタム通知ワークフローでアクティブ化されたときに作成される JSON 出力を使用できます。

注記

このガイドでは、JSON を使用して通知を設定する方法については説明していません。Amazon SNS を使用して Amazon SQS キューにメッセージを送信する方法の詳細については、「Amazon SQS キューへの Amazon SNS メッセージの送信」を参照してください。Amazon SNS を使用して Lambda 関数を呼び出す方法の詳細については、「Amazon SNS 通知を使用した Lambda 関数の呼び出し」を参照してください。

次の例は、CodeDeploy トリガーで使用可能な JSON 出力の構造を示しています。

インスタンスベースのトリガー用 JSON 出力のサンプル

{ "region": "us-east-2", "accountId": "111222333444", "eventTriggerName": "trigger-group-us-east-instance-succeeded", "deploymentId": "d-75I7MBT7C", "instanceId": "arn:aws:ec2:us-east-2:444455556666:instance/i-496589f7", "lastUpdatedAt": "1446744207.564", "instanceStatus": "Succeeded", "lifecycleEvents": [ { "LifecycleEvent": "ApplicationStop", "LifecycleEventStatus": "Succeeded", "StartTime": "1446744188.595", "EndTime": "1446744188.711" }, { "LifecycleEvent": "BeforeInstall", "LifecycleEventStatus": "Succeeded", "StartTime": "1446744189.827", "EndTime": "1446744190.402" } //More lifecycle events might be listed here ] }

デプロイベースのトリガー用 JSON 出力のサンプル

{ "region": "us-west-1", "accountId": "111222333444", "eventTriggerName": "Trigger-group-us-west-3-deploy-failed", "applicationName": "ProductionApp-us-west-3", "deploymentId": "d-75I7MBT7C", "deploymentGroupName": "dep-group-def-456", "createTime": "1446744188.595", "completeTime": "1446744190.402", "deploymentOverview": { "Failed": "10", "InProgress": "0", "Pending": "0", "Skipped": "0", "Succeeded": "0" }, "status": "Failed", "errorInformation": { "ErrorCode": "IAM_ROLE_MISSING", "ErrorMessage": "IAM Role is missing for deployment group: dep-group-def-456" } }