のJSONデータ形式 CodeDeploy トリガー - AWS CodeDeploy

のJSONデータ形式 CodeDeploy トリガー

配信またはインスタンスのトリガーがカスタム通知ワークフローでアクティブ化されたときに作成されるJSON出力を使用できます。たとえば、 Amazon SQS キューまたは関数の呼び出し AWS Lambda.

注記

このガイドでは、JSON を使用して通知を設定する方法については説明していません。使用に関する情報は、 Amazon SNS にメッセージを送信する Amazon SQS キュー、を参照 送信中 Amazon SNS へのメッセージ Amazon SQS キュー. 使用に関する情報は、 Amazon SNS を呼び出し Lambda 関数、を参照カンスウ、ショウ 呼び出す Lambda 関数使用カンスウ:シヨウ Amazon SNS 通知.

次の例は、CodeDeploy トリガーで使用可能な JSON 出力の構造を示しています。

インスタンスベースのトリガー用 JSON 出力のサンプル

{ "region": "us-east-2", "accountId": "111222333444", "eventTriggerName": "trigger-group-us-east-instance-succeeded", "deploymentId": "d-75I7MBT7C", "instanceId": "arn:aws:ec2:us-east-2:444455556666:instance/i-496589f7", "lastUpdatedAt": "1446744207.564", "instanceStatus": "Succeeded", "lifecycleEvents": [ { "LifecycleEvent": "ApplicationStop", "LifecycleEventStatus": "Succeeded", "StartTime": "1446744188.595", "EndTime": "1446744188.711" }, { "LifecycleEvent": "BeforeInstall", "LifecycleEventStatus": "Succeeded", "StartTime": "1446744189.827", "EndTime": "1446744190.402" } //More lifecycle events might be listed here ] }

デプロイベースのトリガー用 JSON 出力のサンプル

{ "region": "us-west-1", "accountId": "111222333444", "eventTriggerName": "Trigger-group-us-west-3-deploy-failed", "applicationName": "ProductionApp-us-west-3", "deploymentId": "d-75I7MBT7C", "deploymentGroupName": "dep-group-def-456", "createTime": "1446744188.595", "completeTime": "1446744190.402", "deploymentOverview": { "Failed": "10", "InProgress": "0", "Pending": "0", "Skipped": "0", "Succeeded": "0" }, "status": "Failed", "errorInformation": { "ErrorCode": "IAM_ROLE_MISSING", "ErrorMessage": "IAM Role is missing for deployment group: dep-group-def-456" } }