CodeCommit ソースの CloudWatch Events ルールを作成する (コンソール) - AWS CodePipeline

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

CodeCommit ソースの CloudWatch Events ルールを作成する (コンソール)

重要

コンソールを使用してパイプラインを作成または編集する場合は、CloudWatch Events ルールが自動的に作成されます。

CodePipeline オペレーションで使用する CloudWatch Events ルールを作成するには

  1. CloudWatch コンソール (https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインの [Events] を選択します。

  3. [Create rule] を選択後、[Event source] の下の [Service Name] で [CodeCommit] を選択します。

    選択したサービス名には、イベントリソースが含まれています。たとえば、パイプラインに関連付けられた CodeCommit リポジトリに変更があった場合にパイプラインを開始するには、[CodeCommit] を選択します。

  4. [イベントタイプ] で、[CodeCommit リポジトリの状態変更] を選択します。

  5. すべてのリポジトリに適用するルールを作成するには、[Any resource] を選択します。

    1 つ以上のリポジトリに適用されるルールを作成するには、[Specific resource(s) by ARN] を選択してから ARN を入力します。

    注記

    CodeCommit リポジトリの ARN は、設定CodeCommit コンソールの CodeCommit ページ。

    リポジトリに関連付けるブランチを指定するには、[編集] を選択し、リソースタイプブランチおよびブランチ名を入力します。detail のイベントパターンオプションを使用します。前の例では、CodeCommit リポジトリブランチの詳細オプションを示しています。master

    以下に示しているのは、CodeCommit イベントパターンのサンプルです。イベントウィンドウにMyTestRepoという名前のブランチを持つmaster:

    { "source": [ "aws.codecommit" ], "detail-type": [ "CodeCommit Repository State Change" ], "resources": [ "arn:aws:codecommit:us-west-2:80398EXAMPLE:MyTestRepo" ], "detail": { "referenceType": [ "branch" ], "referenceName": [ "master" ] } }

    [Save] (保存) をクリックします。

    [イベントパターンのプレビュー] ペインで、ルールを表示します。

  6. [ターゲット] で、[CodePipeline] を選択します。

  7. このルールによって開始するパイプラインの、パイプライン ARN を入力します。

    注記

    get-pipeline コマンドを実行した後、メタデータ出力でパイプライン ARN を見つけることができます。パイプライン ARN はこの形式で作成されます。

    arN: aws: コードパイプライン:リージョン:アカウント:パイプライン名

    パイプライン ARN の例:

    arn:aws:codepipeline:us-east-2:80398EXAMPLE:MyFirstPipeline

  8. Amazon CloudWatch Events ルールに関連付けられたターゲットを呼び出すための Amazon CloudWatch アクセス許可を付与する IAM サービスロールを作成または指定します (この場合、ターゲットは CodePipeline)。

    • 選択この特定のリソースに新しいロールを作成するパイプラインの実行を開始するためのアクセス許可を与えるサービスロールを作成するには、Amazon CloudWatch Events を作成します。

    • 選択既存のロールを使用するパイプラインの実行を開始するためのアクセス許可を与えるサービスロールを指定するには、Amazon CloudWatch Events を指定します。

  9. ルール設定を確認して、要件を満たしていることを確認します。

  10. [設定の詳細] を選択します。

  11. [Configure rule details] ページでルールの名前と説明を入力してから、[State] を選択してルールを有効化します。

  12. ルールが適切であることを確認したら、[Create rule] を選択します。