CodePipeline
ユーザーガイド (API バージョン 2015-07-09)

変更の検出にウェブフックを使用するようにパイプラインを設定する (GitHub ソース)

GitHub リポジトリを使用するパイプラインの変更検出方法として、ウェブフックを使用できるようになりました。この機能を使用するには、既存のパイプラインを更新する必要があります。コンソールを使用してパイプラインを作成または編集すると、CodePipeline によってウェブフックが作成されます。

この表では、GitHub ソースを含むパイプラインを、ウェブフックを使用するように設定する手順を示しています。

方法 Instructions これ以上、何もする必要はありませんか。
コンソールでパイプラインを設定する
  1. コンソールでパイプラインを開きます。

  2. [Edit] を選択します。

  3. GitHub ソースアクションの横にある鉛筆アイコンを選択します。

  4. [リポジトリに接続する] を選択し、[更新] を選択します。

  5. [パイプラインの変更を保存する] を選択します。

パイプラインの編集 (コンソールの場合)」を参照してください。

ウェブフックが作成され、GitHub に登録されます。

これ以上、何もする必要はありません。

CLI でパイプラインを設定する

update-pipeline コマンドを使用して、PollForSourceChanges パラメータを false に設定します。

パイプラインの表示 (AWS CLI の場合)」を参照してください。

ウェブフックを作成して、GitHub に登録することが必要です。

GitHub ソースのウェブフックを作成する」を参照してください。

AWS CloudFormation でパイプラインを設定する

GitHub ソースリポジトリの定期的なチェックを保持します。

AWS CloudFormation のウェブフックリソースの詳細については、「AWS::CodePipeline::Webhook」を参照してください。