ウェブフックを使用してパイプラインを開始する (GitHub ソース) - AWS CodePipeline

ウェブフックを使用してパイプラインを開始する (GitHub ソース)

ウェブフックとは、GitHub リポジトリなど、別のツールにおけるイベントを検出し、この外部イベントをパイプラインに接続する HTTP 通知です。

コンソールを使用して GitHub ソースを含むパイプラインを作成または編集すると、CodePipeline によってウェブフックが作成されます。パイプラインを削除すると、CodePipeline によってウェブフックが削除されます。GitHub でこれを管理する必要はありません。GitHub ソースを含むパイプラインの作成または編集に AWS CLI または AWS CloudFormation を使用する場合は、以下のセクションの情報を使用して各自でウェブフックを管理する必要があります。